彼岸花の葉について正しいのは? 【お天気検定】
スポンサーリンク

彼岸花の葉について正しいのは?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

彼岸花の葉について正しいのは?

   -存在しない
   -開花直前まであった
   -花枯れたあと生える

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -花枯れたあと生える

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【彼岸花の葉は花が枯れたあと生える】

彼岸花は、花と葉が別々の時期に出ますので、「葉見ず花見ず」とも呼ばれています。
ソメイヨシノと一緒ですね。
彼岸花の花が枯れると、根元から葉っぱが生えてきます。
そして、生え揃った葉っぱは、冬の期間中、光合成を続けます。

これによって作られたデンプンなどが、土の中の鱗茎(りんけい)、いわゆる球根に蓄えたり、新たな鱗茎を育てたりして、次の秋の開花の準備をするということです。

 

‐9月20日のお天気ワンポイント-
連休最終日の今日は、全国的によく晴れます。
関東から北日本はからっとした秋晴れ、西日本は少しムシムシした夏の暑さになる見込みです。

 

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
象のしっぽの毛の特徴は?
「ことば検定プラス」
沖縄の言葉「なんくるないさ」本来の意味は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事