平安時代の医学書「医心方」 柿の効能は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

平安時代の医学書「医心方」  柿の効能は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」


きのうは「
柿渋」の利用法についてお話しました。
柿はもちろん食べ物としても古来、重宝されてきました。
柿が赤くなれば
医者が青くなる

これは、柿が赤くなる秋は、天候が良くて、病気になる人が少ないという本来、秋の快適な気候を表した言葉なんです。

最近では、柿の栄養価の高さを表しているとも言われるようになりました。

柿は、ビタミンCやカリウムなどが豊富で、中くらいの柿1個で、1日に推奨されるビタミンCの摂取量を取れてしまうほどです。

平安時代にまとめられた現存する最古の医学書「医心方」にも、柿の効能が載っています。

では、そこにある柿の効能とは何でしょうか?
きょうの問題

平安時代の医学書「医心方」  柿の効能は?

   -目が良くなる
   -二日酔いに効く
   -クライマックスシリーズ

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -二日酔いに効く

 

【本日の  のボケは?】

「柿の効能」ではなく「秋の攻防」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【平安時代の医学書 柿の効能は?】

 

柿は、漢方の生薬としても知られています。

柿のほとんどすべての部分が生薬になります。
柿渋はもちろん、柿のへたも漢方では薬になりますし、葉は昔からお茶として飲まれてきました。

そして、奈良県にあるサバの押し寿司をかきの葉で包んだ柿の葉寿司。
まさに、柿は捨てるところがないのです。
もっとも、渋柿の効能は今も全て解明されたわけではなくて、様々な研究が今も進められているんだそうです。
現存する最古の医学書「医心方」の効能も、決して科学的に証明されたものではないのです。
この平安時代の医学書には「柿は酒の毒を解く」、つまり悪酔いや二日酔いを防ぐと書かれているのです
ということで、正解は「二日酔いに効く」でした。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
パパイヤに含まれる酵素の量が多いのは? 
「みんなのエンタメ検定」
千鳥・ノブ 幼いころのノブ家の家族ルールは?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事