林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「大団円」とは、どんな終わり方?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今日は3月31日、明日からは4月ですね。
春は出会いと別れの季節と言いますが、別れといえば有名なのが、こちらの言葉。
花に嵐のたとへもあるぞ
さよならだけが人生だ
実はこの言葉は、もともと中国・唐の時代の、友との別れを歌った詩の一節なんです。
その詩を、作家の井伏鱒二が見事に訳したんですね。
考えてみれば、確かに出会った分だけ別れるわけですけれども、どちらかというと、やっぱり人生の前半は出会いが多く、そして後半になればなるほどお別れが増えるので、我々ぐらいの歳になると、この言葉、ますます実感が湧いてきます。
そして今日は年度終わりですから、物語の終わりに使う「大団円」という言葉を取り上げます。
ただし、この言葉はある特定の終わり方に使う言葉なんです。
今日は、それはどんな終わり方なんでしょうか?という問題です。
ことば検定プラス 今日の問題

「大団円」とは、どんな終わり方?

 

【選択枝】
 ハッピーエンド
 続編に期待できる
 日本の分け方

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 ハッピーエンド

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「大団円」ではなく、「大体県(だいたいけん)」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「大団円」とは、どんな終わり方?】

「大団円」の"団"の2つの意味とは?


まず、
この「団円」という言葉が、江戸時代の後半に"終わり"という意味で使われました。
ポイントは、この「団」という字なんですが、「団」には"集団のように塊"という意味と、もう一つ別の意味があります。

「団」は丸いという意味

「団」がつく言葉を思い出してください。

団子」は穀物の粉などを丸めたものですし、「炭団」は炭を丸めたものです。
「団」には、丸いという意味もあるんです。
つまり、丸い円ですから、"団円なる地球"のように丸いことを表すとともに、"円満であること"、さらには"円満な終わり"にも使われるようになりました。
ということで正解は、「ハッピーエンド」です。
そして、「大団円」は「団円」を強調して、完全な終わりを表しますから、赤の選択肢「続編に期待出来る」は不正解です。
また、いろいろなことがあったが、最後にはすべて丸く収まったという場合に使うべきで、短編にはあまり使いません。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
小島よしお 教員免許は持っている?

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事