林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

命からがら、「からがら」の語源は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今日の問題は、2018年3月7日に出題された復習問題です。

3月7日は消防記念日です。
昭和23(1948)年のこの日、消防組織法が施行したことに由来します。
この法律で、それまで警察の一部門だった消防が、各市町村長が運営管理する自治体消防へと生まれ変わりました。

もしもの時に、現場に駆けつけてくれる隊員の皆さんは本当に頼りになります。
特に、「命からがら」という緊急事態には、心強いものです。
そこで、今日のことば検定プラスは、「命からがら」の「からがら」の語源は何でしょうかという問題です。

ことば検定プラス 今日の問題

命からがら、「からがら」の語源は?

 

【選択枝】
 からい
 からっぽ
 幻の完全試合

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 からい

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「からがら」ではなく、「ガララーガ」だそうです。
2010年に誤審で完全試合を消えてしまったガララーガ投手のことです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【命からがら、「からがら」の語源は?】

「命からがら」の「から」は辛

命からがら」の「からがら」のように、同じ言葉を繰り返すのを畳語といいます。

繰り返すことで、強調されるのですが、「からがら」は「から」という言葉が重ねられています。
では、この「から」とは何でしょうか?
そもそも「命からがら」とは、"やっとのこと"、"かろうじて"という意味です。

この"かろうじて"の漢字は、「辛」です。

 

「からがら」も「かろうじて」も同じ語源

「からがら」も「かろうじて」も語源は同じで、「からい」が正解です。
現在でも、"厳しい、つらい"といった意味で、「からい」を使いますよね、
実は、「からい」には"危うい"という意味もあるのです。
そこで、やっと命だけを失わずに、"辛うじて"という意味で、「命からがら」というようになったのです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事