ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

ドローン、名前の由来は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

ドローン、名前の由来は?

【選択枝】
 監視する者
 オスのハチ
 お先に失礼

スポンサーリンク

本日の解答は

 オスのハチ

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「ドローン」ではなく、「どろん」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「ドローン」名前の由来は】

ドローンのルーツは、1953年にイギリスで開発された無人航空機(射撃標的機)です。
これに感銘を受けたのはアメリカの高官でした。

自国にも同じような飛行機が必要だと感じたのです。
そこで開発に乗り出すと、1940年代にアメリカの無人航空機を完成させました。
そして、アメリカでは完成した無人航空機を、ルーツとなったイギリス機に敬意を表して、"target drone"(ターゲット・ドローン)と呼んだのです。

これが無人航空機を、「ドローン」と呼ぶ始まりだとされています。
では、なぜ「ドローン」なのか?

イギリス機の名前は"Queen bee"(女王バチ)なのです。
となれば、「ドローン」が何を意味するかはわかりますね。
正解は"オスのハチ"です。

そもそも、"drone"とは"オスのミツバチ"のことなのです。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事