ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

サーモン、名前の由来は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

サーモン、名前の由来は?

【選択枝】
 飛び跳ねる
 帰ってくる
 こっちへおいで

スポンサーリンク

本日の解答は

 飛び跳ねる

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「サーモン」ではなく、「カモーン」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「サーモン」名前の由来は】

「サーモン」(英)salmonはもちろん英語由来の外来語です。
なぜ「サーモン」という名前になったのか?
実は紀元前の古代ローマにこんな話があるのです。

古代ローマの英雄、カエサル(シーザー)が、現在のフランス辺りへローマ軍を率いて、遠征中のことでした。
彼は、サケの群れが川を上っているところを目撃したのです。
その時、思わずある言葉を叫びました。

その言葉が、ラテン語のsalire(サリーレ)です。
そしてサケは、この言葉からsalmo(サルモー)と呼ばれるようになり、その後フランス語を経由して、英語でsalmon(サーモ)となったとみられています。

ではカエサルは何と叫んだのか?
彼は、水面から飛び上がるサケを見て、「跳ねた(salire)」と叫んだそうです。
(salire)は、ラテン語で「飛び跳ねる」という意味なのです。

サケを食べたカエサルは、その味を大変気に入ったと言われています。
伝説のようなカエサルの真偽はともかく、「サーモン」の名前の由来は「跳ねる」なのです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事