区画ごとの、土地を数える単位は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

区画ごとの、土地を数える単位は?
ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

ことば検定プラス

 

きょうの問題

区画ごとの、土地を数える単位は?

【選択枝】
 封
 筆
 気が短い家庭

スポンサーリンク

きょうの答え

 筆

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りしていただけると嬉しいです


【今日ののボケは?】
「土地の単位(とちのたんい)」ではなく、「叔父も短気(おじもたんき)」だそうです。

スポンサーリンク

きょうの解説

【土地の単位「筆」】

 

「封」は土地そのもので単位ではない

土地は今も昔もとても大切なもので、武士の主従関係は土地を仲立ちにして成り立っていました。
"封建制度"です。

この"封"とは、土地そのもののことです。
しかし、土地の単位ではありません。

「筆」は土地の単位

 

そして、全国の土地をきちんと管理することが大切だと感じた豊臣秀吉が、"太閤検地"です。
秀吉は、1つ1つの土地を測量させ、検地帳にまとめさせました。

 

その検地帳には、田畑の「等級」「面積」「石高」「耕作人」などが書かれています。
膨大な情報をわかりやすく整理するため、検地帳には1つの土地を1行で書きました
そこで土地を数える場合も、"一筆の土地"というようになり、それが現在でも使われています。

 

1つの土地を分割させることを"分筆"
複数の土地を1つにすることを"合筆"といいます。

 

 

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の「お天気検定」と「ニュース検定」

 

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)
□鋳物ホーロー鍋(20㎝)
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー付きソープディスペンサー泡ソープ用
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□変身しんちゃんぬいぐるみ ラクガキVer.

 

林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンから問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事