【BOOK文芸書ランキング】夏になると怪談やミステリーものが強い
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2022年7
月25日~31日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、三省堂書店 池袋本店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「よって件のごとし 三島屋変調百物語 八之続」
宮部みゆき
KADOKAWA

人気怪談シリーズ第8弾。

宮部さんが、「念願のゾンビものを書くことが出来ました」とコメントを寄せた今作。

その舞台は江戸時代、神田三島屋でひっそりと語られる怖い話。
ある村に現れる人を襲う死者「ひとでなし」にまつわる話や、姉を助けるため呪いを飲み込んだ少年の話など、背筋がぞっとする3編の怪談が収録されています。

 

 

 

第2位 「おいしいごはんが食べられますように」
高瀬隼子
講談社

今年の芥川賞受賞作。

食べることをテーマに、職場でのざわつく人間関係を描いた衝撃作。
読んだ後、思わず「誰かと語り合いたくなる」と大反響を呼び、15万部を突破しています!

 

 

 

第3位 「夜に星を放つ」
窪 美澄
文藝春秋

今年の直木賞受賞作。
収録された5つの物語は、すべて星や星座がモチーフ。

今作に込められた窪さんの思いとは‥…!?
「星空とか星ってすごく変わっていくもので、いつかは夜が明けたり星も見えなくなったり、変化していくことを伝えていきたい。今辛いことがある人も長くは続かないかもしれないということを作品で書きたいと思っている」

 

 

第4位 「オーバーロード16 半森妖精の神人[下]
丸山くがね
KADOKAWA

シリーズ1100万部を超える人気ライトノベル最新刊。

 

 

 

第5位 「#真相をお話しします」
結城真一郎
新潮社

「解けそうで解けない」話題のミステリー。

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「こいごころ」 畠中恵 新潮社
第7位 「腹を割ったら血が出るだけさ」 住野よる 双葉社
第8位 「その本は」 又吉直樹・ヨシタケシンスケ ポプラ社
第9位 「武漢コンフィデンシャル」 手嶋龍一 小学館
第10位 「財布は踊る」 原田ひ香 新潮社

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「財布は踊る」原田ひ香

 

 

 

お金の本当の価値を問う話題作。

著者は「三千円の使いかた」など、お金がテーマな作品が人気の原田ひ香さん。
今作で、原田さんが描いたのは、今よりすこし、お金がほしい‥…と願う人たち。

 

専業主婦のみづほには、どうしても欲しいブランド物の財布があった。
日々、節約に励み、家族3人の食費は月2万円以内に。
2年半をかけ、念願の財布を手にしたみづほ。

しかし、喜びもつかの間。
夫の借金が発覚し、彼女は財布を売って返済に充てるしかなかった。
そんなみづほが手放した財布は、投資に失敗した男性や、奨学金の返済に苦しむ女性なと、お金に悩む人たちを転々とする。

彼らが、財布を通して気づく本当のお金の価値とは!?

 

 

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2022年8月6日放送-
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事