ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

映画チャーチル 何から世界を救った男?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

映画チャーチル 何から世界を救った男?

 

【選択枝】
 ペスト
 ヒトラー
 大恐慌
スポンサーリンク

本日の解答

■ ヒトラー

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
"危機"に指導者は③ 【最も偉大な英国人】

映画「ヒトラーから世界を救った男」

2年前、映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」が公開され評判になりました。
ゲイリー・オールドマンさんの特殊メイクも話題になりました。
アカデミー賞でも、主演男優賞など2部門を受賞しました。

アカデミー賞
主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)
メイクアップ&ヘアスタイリング賞

舞台は、第二次世界大戦が始まったばかりのヨーロッパです。

ヒトラー率いるナチスドイツに立ち向かった、チャーチルを描いています。

"最も偉大なイギリス人" チャーチル

チャーチルは、絶体絶命と思われた戦局で、ドイツ軍と戦い抜く決断を下しました。
それが、"最も偉大なイギリス人" との評価に繋がっています、

チャーチルが首相に就任したのは、1940年5月です。
そして、イギリスの運命を決める閣議が、5月28日に開かれます。

議題は、"イギリスはドイツと戦うべきかどうか"です。
戦えば、若い兵士たちを死なせるのは確実です。
一方、和平交渉に応じればヒトラーの軍門に下ることになります。

この閣議に出席した閣僚の間では、"ヒトラーとの戦いを避けるべき"だという意見も根強くありました。
どうして戦いを避けようとしたのかというと、ドイツ軍が圧倒的な強さを見せていたからです。
1939年9月にポーランドに侵攻して以来、ドイツは破竹の勢いで、当時はフランスパリに迫っていました。
イギリス本土に上陸する恐れもありました。
交渉するのか、戦うのか、決断のときが迫っていました。

最終的にチャーチルが選んだのは、ヒトラーとの戦いです。
その後チャーチルは、巧みな外交を展開し、イギリスを勝利に導きました。
チャーチルは、"国を守る"という強烈な信念を持って、ドイツと戦う姿勢を貫きました。
危機に陥った際、政治家の信念が、国の方向性を決めるのです。

 

前回のニュース検定

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事