江戸時代の隠語「猪の肉」を何という? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

江戸時代の隠語「猪の肉」を何という?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

前回は、日本初の肉食禁止についてお話をしましたが、それでも食べる人はいたようで、その言い訳は「これは薬だ」と言って食べていたのです。
そして、江戸時代、両国橋を渡ったところに「薬喰い」といって、いつも食べさせる店があったようです。
そうした店では、隠語が使われていました。

たとえば、鹿の肉は「もみじ」という隠語が使われていました。

では、「猪の肉」を何と言っていたでしょうか?

きょうの問題

江戸時代の隠語「猪の肉」を何という?

   -赤豆腐
   -山くじら
   -大食い選手驚異の消化力

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -山くじら

 

【本日の  のボケは?】

「いのししのにく(猪の肉)」ではなく「いのいしもひく(胃の医師もひく)」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【江戸時代の隠語「猪の肉」を何という?】

「猪の肉」の隠語「ぼたん」

ちなみに、「猪の肉」は今日の正解とは別に、「牡丹鍋」とか言います。

赤い肉を皿に広げた様子は牡丹のように美しいからですが、花札の牡丹に近いような感じがします。

そして、肉を食べられる店は現在も営業を続けています。
創業が享保3年、300年もの歴史がある「ももんじゃ」さんです。

猪は、脂身に甘みがあって、年に一度は食べたいなと思います。

「猪の肉」の隠語「山くじら」

 

お店の中に飾られている絵の中に、「山くじら」と書かれています。
当時、くじらは魚だと思われていたので、食べてもよかったんです。
ちなみに「赤豆腐」は、仏教の隠語で「マグロの刺身」のことです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
紅葉日の全国平均、統計当時に比べ現在は?
「みんなのエンタメ検定」
森進一 親子の思い出 息子Hiroにしてあげたことは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事