「米(こめ)」名前の由来で有力なものは? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「米(こめ)」名前の由来で有力なものは?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

今日7月12日は、江戸時代中期の1751年、8代将軍徳川吉宗が亡くなった日です。
享保の改革で知られる吉宗ですが、彼が最も力を入れたのは、「米」に関する政策でした。

吉宗は、財政を立て直すため、質素倹約を打ちだす一方で、天候による穫れ高の変動に関わらず、一定の年貢を納めさせることを決め、さらに、各藩に対し、1万石につき100石納めさせるなどの増税を行いました
吉宗といえば、暴れん坊将軍というイメージですが、これはもちろんドラマ上の設定で、実際には"米将軍"という異名で呼ばれています。
そこで今日は、「米(こめ)」という
名前の由来で、有力なものはどれかという問題です。
きょうの問題

「米(こめ)」名前の由来で有力なものは?

   -籠める
   -細かい
   -七光り

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -籠める

 

【本日の  のボケは?】

「こめ」ではなく「コネ」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「米」名前の由来で有力なものは? 】


米は神様から授かった神秘的なもの

「米(こめ)」という言葉は、日本書紀にも登場しますが、古くは「こめ」よりも「よね」の使用例が多く見られるようです。

そして、正確には植物としては「稲」、その実が「米」です。
他の穀物、例えば、粟や稗、麦などには、そうした呼び名の区別がないことを考えると、いかに「米」が特別なものかわかりますよね。
律令制の時代から、朝廷が税として納めさせるなど、米は長らく経済の中心にありました。
それだけ特別なものですから、古来、「米」は神様から授かった神秘的なものだと考えられてきました。

米には神秘的な力が籠められている

豊作祈願や収穫に感謝する祭りで、「米」を神に供えるのもそのためです。

そこで、米には神秘的な力が籠められているとして、「米」という名前で呼ばれるようになったとする説が有力なんです。

ということで、正解は「籠める」です。

 

日本の稲作は、現在縄文時代の晩期に始まったと言われています。
以来、2000年以上日本人にとって「米」は、特別なものであり続けているのです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
関東甲信の「梅雨明け」発表で、過去にないものは? 
「みんなのエンタメ検定」
藤井フミヤ チェッカーズとしてデビューする前の職業は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事