江戸時代の流行語は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

江戸時代の流行語は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今日は、2019年2月12日に出題された復習問題です。

2月12日は、慶長8年に徳川家康が江戸幕府を開いた日です。
それからおよそ260年、太平の世が続きさまざまな文化が花開きました。
江戸時代に使われ始めた言葉が、現在まで残っている例も多数あります。

例えば、今の若者言葉の「マジ」も、"真面目に"という意味で、実は江戸時代の芸人さんの楽屋言葉、いわゆる業界用語として生まれたと言われています。

江戸時代から使われていたと考えると、急に古風な言葉のように感じられますよね。
そこで、今回は江戸時代の流行語だったものはどれかという問題です。

 

ことば検定プラス 今日の問題

江戸時代の流行語は?

 

【選択枝】
 なんぱ
 すてき
 おすぎとピーコ、兄は?

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 すてき

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「江戸時代(えどじだい)」ではなく、「え、どっちだい」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【江戸時代の流行語は?】

「なんぱ」は政治用語


「なんぱ」は、「へい彼女、
お茶しない?」って、これ完全に昭和ですけれども、そういう「なんぱ」というイメージがあります。
「なんぱ」は本来漢字では「軟派」と書きます。

これで、"意見や主義が軟弱な党派"という意味の、政治用語でした。

政党のことを指す言葉ですから、当然、江戸時代にはまだなく、明治時代の新語です。

「すてき」は江戸時代の滑稽本に登場

一方、「すてき」は、江戸時代後期の滑稽本にこんな風に登場するんです。

壱歩出しゃア、
すてきなやつが買らアな 
式亭三馬「浮世床」


"壱歩"とは、一両の4分の1、壱歩金のことで、
"壱歩金"を出せば素晴らしいものが買えるという意味です。

さらに、この本には、「すてき」が口癖で、「すてき亀」とあだ名された人物も登場します。

ということで、「すてき」が正解です。
「すてき」の"す"は、「素晴らしい」の"素"だと考えられています。
江戸後期には、言葉の頭の音に"的"をつける言い方が流行ったようで、
素敵(すてき)という言葉が生まれたとする説が有力です。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事