林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

西洋化以外に、政府が「太陽暦」採用を急いだ理由は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

西洋化以外に、政府が「太陽暦」採用を急いだ理由は?

【選択枝】
 米の不作
 財政難
 ブラックリスト

スポンサーリンク

本日の解答は

 財政難

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「太陽暦(たいようれき)」ではなく、「滞納歴(たいのうれき)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【政府が「太陽暦」採用を急いだ理由は?】

"うるう月"と"役人の月給制"との関係

今日のポイントは2つあって、
1つは、役人の給料が年俸制から月給制に変わっていったこと
そして、もう1つが"うるう月"です。

ポイント
①給料年俸制→月給制
②うるう月

旧暦は月の満ち欠けをもとにした太陰暦がベースでした。
しかしこれは、太陽暦より年間11日ほど短く季節がだんだんずれていくのです
そこで時々、"うるう月"を作って、1年を13か月として調整していたのです。

大隈重信らが「太陽暦」採用へ

実は、本来の明治6年には"うるう月"があって、そのままだと役人に13か月分の給料を払わなければなりませんでした。

ところが当時の明治政府には、あまりお金がなかったのです。
そこで、財務行政の中心だった大隈重信などが「太陽暦」、つまり1年を12か月にして1か月分の支払いを浮かせようと採用を急いだのです。

さらに明治5年の12月は、2日間しかなかったので、政府はその月の月給も払わずに済ませたそうです。
さすがは大隈重信、知恵者ですね。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事