【BOOK文芸書ランキング】この秋ミステリーがすごい-上位にランクイン-
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2022年9
月18日~24日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ジュンク堂書店池袋本店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「invert Ⅱ 覗き窓の四角」
相沢沙呼
講談社

 

 

 

第2位 「いけないⅡ」
道尾秀介
文藝春秋

直木賞作家・道尾秀介さんの人気ミステリー第2弾「いけないⅡ」

「いけない」シリーズとは、各章のストーリーを読み終えると、最後のページに1枚の写真が。
それを目にしたとき、事件に隠された驚愕の真実に触れる体験型ミステリー。

今作でも、4つの「いけない」物語を収録。
その中の一編「その映像を調べてはいけない」では、息子の暴力に耐えかね、息思わず殺してしまったという男が自首してきた。

男は、息子の遺体を川に流したと言うが、その遺体がどこにも見つからない。
必死に捜索を続ける刑事は、やがてある「決定的な映像」にたどり着く。

どうして気づかなかった。
驚がくのラストにきっとあなたも騙される。

 

第3位 「『十二国記』30周年記念ガイドブック」 新潮社

書店員さんにもファンが多い壮大なファンタジーシリーズ「十二国記」
シリーズ初のガイドブックとなる今作は、15万部を突破しています。

 

 

第4位 「芸人人語 コロナ禍・ウクライナ・選挙特番大ひんしゅく編
太田光
朝日新聞出版

いじめや政治、事件、笑いなど、さまざまなテーマを太田さんらしく忖度なく論じた一冊。

「我々はいい加減理解すべきだ。人を傷つけずに生きていける人間などいないのだということを」

「人を傷つけない笑いなどと簡単に口にする人間を私は全く信用しない」

 

 

 

第5位 「#真相をお話しします」
結城真一郎
新潮社

最先端ミステリーが、5編収められています。

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

 

 

 

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「正欲」 朝井リョウ 新潮社
第7位 「煉獄の時」 笠井潔 文藝春秋
第8位 「毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人から出ある 桝野浩一全短歌集」 桝野浩一 左右社
第9位 「メガバンク銀行員ぐだぐだ日記」 目黒冬弥 フォレスト出版
第10位 「おいしいごはんが食べられますように」 高瀬隼子 講談社

 

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「「メガバンク銀行員ぐだぐだ日記」」 目黒冬弥

 

 

まるでドラマのような銀行員の実話。
現役銀行員が暴き出す「メガバンク銀行員ぐだぐだ日記」

先日システム障害で世間を騒がせたM銀行の現役銀行員である目黒さんが、およそ30年間で体験した銀行業界の闇や、仕事の醍醐味を包み隠さず綴ったエッセイ。

目黒さんが新人だったころ、上司へ交際中の女性との結婚式をやるかやらないかを相談したところ「銀行員になった以上は(中略)結婚式をやるかどうか決めるのはおまえらやない。おまえらの親御さんでもない。それを決めるのは支店長や」と言われた話をはじめ、仕事に必要なはんこを失くしてしまった目黒さんが、防犯カメラを調べてみるとある同僚が持ち去っていく姿が映っていたなど、ドラマのような実話が40編もおさめられています。

 

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2022年10月1日放送-
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事