【石田ゆり子「ハニオ日記」3作同時ランクイン】本総合ランキングTOP10
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK総合ランキング TOP10
-2021年5
月31日~6月6日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、三省堂書店池袋店による【総合ランキング】として発表されたものです。
スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「黒牢城」
米澤穂信
KADOKAWA

ときは天正6年、伊丹・有岡城。
織田信長を裏切り、有岡城に立てこもった荒木村重の周辺で不可解な事件が起こる。
有岡城に監禁していた人質が、5人もの見張りを付けていたにも関わらず殺害されたのだ。
いったい誰がどうやって殺したのか?

真相に迫るべく、村重が協力を仰いだのは有岡城に幽閉していた軍師・黒田官兵衛。
「おぬしならば この曲事を解ける」
村重が官兵衛に謎解きを求めた理由とは?
全6章からなる謎解きエンターテインメントです。

 

 

 

第2位 「ハニオ日記Ⅰ2016-2017」
石田ゆり子
扶桑社

シリーズ累計発行部数は24万部を突破しています。

 

 

第3位 「リボルバー」
原田マハ
幻冬舎

ゴッホの死の謎に迫るアートミステリー。

 

 

第4位 「スモールワールズ」
一穂ミチ
講談社

書店員さんが猛プッシュしている一冊。
今作は、第165回直木賞候補作にノミネートされたことが発表されました。
受賞作は、7月14日に決定します。

 

 

 

第5位 「ハニオ日記Ⅲ2019-2020
石田ゆり子
扶桑社

石田ゆり子さんが、2016年からインスタグラムに5年間投稿してきた日々の記録をまとめた3巻同時発売。
ハニオは、石田さんと一緒に暮らす雄ネコ。
彼らとのかけがえのない日常を綴っています。

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし」 村木宏衣 主婦の友社
第7位 「ハニオ日記Ⅱ2018-2019」 石田ゆり子 扶桑社
第8位 「小説8050」 林真理子 新潮社
第9位 「52ヘルツのクジラたち」 町田そのこ 中央公論新社
第10位 「雷神」 道尾秀介 新潮社

 

スポンサーリンク

第6~10位の中で注目の一冊

「10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし」村木宏衣

 

マスク生活が続く今、気になる頭と顔のコリをほぐしてみませんか?
顔が老けて見える大きな原因は、ほお・上まぶた・フェイスラインの3大たるみ。
これらのたるみは、頭のコリからくることが多いそうです。
頭皮が指でつまめなかったり、頭皮の弾力がなくぷよぷよしているのも頭がこっているサインです。
リモートワークで疲れた時、頭ほぐしでひと休みしてみてはいかがですか?

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年6月12日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事