池上彰さんのニュース検定 
スポンサーリンク

1回目の全国戦没者追悼式が行われたのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」  ニュース検定 

1回目の全国戦没者追悼式が行われたのは?

 

「グッド!モーニング」 池上彰 ニュース検定
ここでは「ニュース検定」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】

1回目の全国戦没者追悼式が行われたのは?

 

【選択枝】
 日本武道館
 靖国神社
 新宿御苑
スポンサーリンク

本日の解答は

 新宿御苑

 

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
【全国戦没者追悼式】

戦後7年経って行われている全国戦没者追悼式

先の戦争で命を落とした日本人は、民間人も含めておよそ310万人です。
こうした人たちを追悼する式典が、全国戦没者追悼式です。

この追悼式は、戦後7年経った1952年から行われています。
どうしてかといえば、それまで日本はGHQ(連合国軍総司令部)の占領下にあったからです。
GHQが、戦没者の追悼を許さなかったです。

その占領が終わり、日本が主権を回復したのは1952年4月28日です。
この4日後の5月2日に、第1回目の戦没者追悼式が行われました。
独立してようやく国として、戦没者を追悼することができたのです。
ただ、この時はまだ日本武道館はなかったので、追悼式は新宿御苑で行われました。

終戦の日の8月15日に追悼式が行われるようになったのは、1963年からです。
日比谷公会堂で開催されました。翌64年が、遺族などの要望が多かったことなどから、靖国神社で行われましたが、"政教分離"の観点などから問題視され、1965年から日本武道館で開催されるようになりました。

「深い反省」というお言葉

追悼式の場所も日にちもこのように変わっていったのです。
ただ、天皇皇后両陛下がご出席されるのは、1回目から変わっていません。
そして戦後70年の節目に注目されたのが、天皇陛下のお言葉でした。

今の上皇様です。

先の大戦に対する深い反省とともに」
このとき、追悼式で初めて、「深い反省」というお言葉を使われたのです。
それから5年、今年は戦後75年の節目です。
令和の時代になっても、「深い反省」というお言葉は引き継がれています。

 

前回のニュース検定

 

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)

□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんで解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事