マンダリンオレンジの「マンダリン」名前の由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

マンダリンオレンジの「マンダリン」名前の由来は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」


きょう
は9月7日。
この時期おいしいのが、マンダリンオレンジです。

オレンジとはいっても、温州ミカンのように皮が薄くて食べやすいマンダリンオレンジ。
輸入物は、7月下旬から9月下旬頃まで出回り、冬の前に楽しめる甘いミカンとして人気です。
日本で栽培されている品種もあって、こちらは5月ごろ春に楽しめるミカンなんだそうです。
さて、このマンダリンとは、何に由来する名前でしょうか?
きょうの問題

マンダリンオレンジの「マンダリン」名前の由来は?

   -イギリスの航海士
   -中国の高級官僚
   -ウクレレじゃないよ

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -中国の高級官僚

 

【本日の  のボケは?】

「マンダリン」ではなく「マンドリン」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【マンダリンオレンジの「マンダリン」名前の由来は?】

「マンダリン」中国の高級官僚のこと


マンダリンオレンジの原産地は、インドのアッサムなどアジア南東部ですが、「マンダリン」という名前は、もともとはポルトガル語なんだそうです。
ポルトガル語の「マンダリン」には、「役人」「高官」の意味があるようですが、
それとミカンと一体何の関係があるんでしょうか?
実は、15~17世紀の大航海時代、貿易のため中国を訪れた西洋人は、中国の高級官僚のことを「マンダリン」と呼んでいました。
さらに、彼ら官僚が使っていた言葉も「マンダリン」と呼んだことから、現在英語で、
中国の公用語のことを「マンダリン」というのです。

広辞苑の意味「中国清朝の高等官吏」

そして、当時中国の高級官僚は、オレンジ色の服を着ていたそうです。
色が同じことから、中国のミカンを「マンダリンオレンジ」と呼んだとの説が有力なのです。
というわけで、正解は「中国の高級官僚」です。

広辞苑にも、「マンダリン」の1番目の意味として、中国、清朝の高等官吏。次に、中国の公用語。官話。3番目に、中国原産の蜜柑と載っています。

 

「マンダリン」 -広辞苑では-
①中国、清朝の高等官吏。
②中国の公用語。官話。
③中国原産の蜜柑。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
ワカサギの漢字は?
「みんなのエンタメ検定」
明石家さんま 赤青黄3色の曲制作 理由は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事