「円」のローマ字表記、なぜ「YEN」? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「円」のローマ字表記、なぜ「YEN」?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

「円」のローマ字表記、なぜ「YEN」?

【選択枝】
 外国人発音に合わせ
 銭と揃えた
 理由は秘密

スポンサーリンク

本日の解答は

 外国人発音に合わせ

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「円」ではなく、「言えん」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

「円」のローマ字表記 なぜ「YEN」

円のローマ字表記「YEN」になる諸説

最初に「YEN」と表記された紙幣は、明治5年発行の"明治通宝"だとされています。
しかし実は、なぜ「YEN」なのかについては、はっきりしたことがわかっておらず、日銀でもいくつかの説を紹介しているのです。

例えば、この「EN」と綴る単語が、オランダ語やフランス語に存在していて紛らわしいからという説
あるいは、中国の圓(YUAN)に由来したとする説です。

 

外国人に"エン"と言ってもらうため

そんな中、日銀の説明の1番目に書かれ有力とされているのが、「EN」を外国人が発音すると、"エン"ではなく"イン"に近い音になってしまうので、ちゃんと"エン"と言ってもらうために、"Y"をつけたとする説です。

幕末の日本を訪れた外国人の記録には、江戸を"YEDO"と表記したものもあります。
またエビスビールでは、今でも"E"の前に"Y"をつけて「YEBISU」としています。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事