林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「かたつむり」、「かた」とは、そもそも何?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ことば検定プラス-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、林修先生が出題することば検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

林修先生の「ことば検定プラス」

 

「ことば検定プラス」今日の問題

【問題】
「かたつむり」、「かた」とは、そもそも何?

【選択枝】
■ 空(から)
 陸
■ 
なめくじの見た目線
スポンサーリンク

本日の解答は

 陸

 

忙しい朝に出題されて
もう答えを調べる必要はありません

ことば検定プラス」の毎朝の出題から解答が出されるまでにリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、
ぜひ当サイトをお気に入りやブックマークに
登録をお願いいたします


【今日ののボケは?】
「かたつむり」ではなく、「かたちむり(形無理)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【かたつむりのかたとは?】

かたつむりの「つむり」はもともと「つぶり」と言っていました。
漢字だと、「螺り」と書きます。
「螺」は、「にし」とも読んで、田螺と書くと「たにし」です。

実は、この「螺(にし)」は巻貝の総称です。
つまり、かたつむりは貝類なのです。

では、「かた」の方は何か? 漢字で書くと、「潟」と書きます。
現在も、満潮で隠れ、干潮で出てくる陸地を「干潟(ひがた)」といいますが、この字は、水辺に近い陸を表しています。

つまり、かたつむりは、「陸に住む巻貝」という意味なのです。

かたつむりの名前の由来については他に、殻の部分が「笠」に似ていることから、笠のつぶり⇒かたつむりだとする説もあるそうです。

しかし、かたつむりを研究している先生の多くが、この「潟」説を有力としているので、今回の正解としました。

前回の「ことば検定プラス」

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)
3番組同時録画HDDレコーダー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
ミキサー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
日焼け止めジェル

林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンからは問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事