【BOOK文芸書ランキング】1位は「女性は『透明感』で人生が変わる」
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2022年5
月23日~29日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、三省堂書店池袋本店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「女性は『透明感』で人生が変わる 『実力以上』に見られる『クラス感』のつくりかた」
朝倉みや子
WAVE出版

女性にとって、大人になるほど人生を左右するのが、メイクでもブランドでもなく透明感なんだそうです。

頑張っているのに上手くいかない
自分に自信が持てないというあなた。

透明感を磨いていくと実力以上の「未来を選べる」女性になっていけるんだそうです。
そのポイントとなるのが、3つの印象。

まずは、外見や姿勢など出会って3秒で決まる第一印象。
続いて、話し方や立ち振る舞いで決まる出会って30秒の第二印象。
そして、性格などの内面を通し、その後の関係によって作られる第三印象。
そのすべてで好印象を与える行動や考え方が満載の一冊。

例えば、スマホの持ち方ひとつで、透明感のある女性に見えるといいます。
まずは背筋を伸ばし、目に近づけ過ぎないこと。
さらに指を揃え、画面を触る人差し指と親指は伸ばす。
中指、薬指、小指は軽く握るようにすると、透明感がアップして見えるそうです。

透明感ある雰囲気をまとい、より輝くための方法が詰っています。

 

 

第2位 「子宝船 きたきた捕物帖(二)」
宮部みゆき
PHP研究所

江戸・深川を舞台に、岡っ引き見習い北一と、その友人・喜多次のきたきたコンビが、町で起こった奇妙な事件の謎を解き明かす。
江戸の人情も堪能できるミステリー小説です。

 

 

 

第3位 「夢をかなえるゾウ0 ガネーシャと夢を食べるバク」
水野敬也
文響社

シリーズ累計460万部。
悩める人を、ゾウの神様ガネーシャが成功に導いていく人気作。

お金持ちになりたくない、モテたいとも思わないそんな僕に、ガネーシャが夢の見つけ方を指南。

「夢は、生きる上で、空気や水や食べ物よりも大事になることがあるんやで」

 

 

 

第4位 「競争の番人」
新川帆立
講談社

公正取引委員会が舞台となる作品。

 

第5位 「マスカレード・ゲーム」
東野圭吾
集英社

東野圭吾さんの人気「マスカレード」シリーズの最新作。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「石礫 機捜235」 今野敏 光文社
第7位 「ルポ池袋アンダーワールド」 中村淳彦・花房観音 大洋図書
第8位 「20代で得た知見」 F KADOKAWA
第9位 「同志少女よ、敵を撃て」 逢坂冬馬 早川書房
第10位 「死神と天使の円舞曲」 知念実希人 光文社

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「ルポ池袋アンダーワールド」中村淳彦・花房観音

 

池袋の過去と現代を描く「ルポ池袋アンダーワールド」

SDGs未来都市を掲げ、近年急速に変わりゆく東京・池袋。
その一方で無くなっていく文化があり、排除されていく人たちがいる。

世間を騒がせる重大事件がなぜか繰り返されるディープスポットも紹介。
著者の花房さんは、「池袋という街の闇を描くと、どうなるかという実験のような本ではあるが、やはり相性がいいか悪いかは、見当がつかない。それこそ読者に委ねるしかない」と記しています。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2022年6月4日放送-
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事