【浜辺美波写真集20/辻村深月初のホラー】BOOK文芸書ランキング
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2021年10
月24日~30日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ジュンク堂書店池袋本店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「浜辺美波写真集 20」
峠雄三(撮影)
講談社
「ハタチの短い夏休み」をテーマに、世界遺産の奄美大島で撮影。
透明感あふれる浜辺さんの今を閉じ込めた一冊です。

 

第2位 「闇祓」
辻村深月
KADOKAWA

直木賞作家・辻村深月さん初のホラーミステリー。

うちのクラスの転校生は何かがおかしいー
主人公の澪のクラスにやつてきた転校生の男子・白石要。

無口でクラスに馴染もうとしない要だったが、澪は要が自分に向ける異様な視線に気づく。
そして。

「今日、家に行ってもいい?」
澪に近づこうとする要の行動は、次第にエスカレート。
教えたはずのない澪の自宅付近までに現れた。
なぜ、要は澪に執拗に付きまとうのか?

日常の中に潜む悪意と恐怖を描いた戦慄のホラーミステリーです。

 

 

第3位 「夜が明ける」
西加奈子
新潮社

西加奈子さん、5年ぶりの最新長編。

 

 

第4位 「むき出し」
EXIT兼近大樹
文藝春秋

 

 

第5位 「100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集」
福井県立図書館(編)
講談社
SNSで話題、図書館の企画が書籍化。
図書館に本を借りに来た人の、思わず笑ってしまう本のタイトルの覚え間違いを集めた一冊。

 

ー夏目漱石の「僕ちゃん」お借りできます?
「坊ちゃん」でよろしいですね。

 


テレビ番組ランキング

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「『最初の男』になりたがる男、『最後の女』になりたがる女」 関口美奈子 KADOKAWA
第7位 「むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。」 青柳碧人 双葉社
第8位 「どうやら僕の日常生活はまちがっている」 岩井勇気 新潮社
第9位 「聖域」 コムドットやまと KADOKAWA
第10位 「傘のさし方がわからない」 岸田奈美 小学館

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。」青柳碧人

 

 

シリーズ累計30万部を超える新感覚ミステリーの最新作に注目。

前作では、誰もが知っている「浦島太郎」や「花咲か爺さん」など、日本の昔話を本格ミステリー仕立てにしたことが話題に。
今作も、「猿蟹合戦」や「おむすびころりん」など、5つの物語の中から次々と事件が発生。

たとえば、竹から生まれたかぐや姫をモチーフにした「竹取探偵物語」では、竹取の男シゲに育てられ、かぐや姫は美しく成長し、結婚の申込みが殺到。

すると、かぐや姫は世にも珍しい宝物を持ってきた男のもとへ嫁ぐという。

男たちが、宝物を求め奔走する中、突如竹林で火災が発生。
焼け跡から見つかったのは、竹取の男シゲの子分ヤス。
胸を刺され、殺されていたのだった。

なぜ、ヤスは殺されたうえ、火を放たれたのか?
事件の謎が解けた時、かぐや姫の本当の姿が明らかになった。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年11月6日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事