気象予報士試験の最年少合格者は? 【お天気検定】
スポンサーリンク

気象予報士試験の最年少合格者は?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

気象予報士試験の最年少合格者は?

   -7歳
   -11歳
   -15歳

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -11歳

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【気象予報士試験の最年少合格者は11歳】

気象予報士最年少合格者は本田まりあさん。
合格したのは2011年で、11歳11ヶ月、当時まだ小学6年生でした。
現在も、この記録まだ破られていません。
ちなみに、このときの合格率はわずか4.9%でした。
試験を受けたきっかけは、「何で雲は落ちてこないの?」と、お父さんに聞いたことだそうです。
その質問に答えようと、お父さんが勉強し始めた姿を見て、自身も勉強を始め、2年後の4度目の試験で合格となったそうです。
素晴らしいですね。
-10月22日のお天気ワンポイント-

今日の関東地方は、南部を中心に1日雨が降りまして、北東の冷たい風が吹いて、師走並みの寒さになります。
今日は、日中もしっかり着込んでお過ごしください。

 

[きょうの中継先]

東京・稲城市 テレビ朝日若葉台メディアセンター

 

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
長州力のある行動 娘から受けた注意は?
「ことば検定スマート」
子規の句「柿くふも〇〇ばかりと思ひけり」、〇〇は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事