池上彰のニュース検定
スポンサーリンク

世界最大の洋上風力発電所はどこにある?
「ニュース検定」 -池上彰-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ニュース検定」の出題と解答を速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

世界最大の洋上風力発電所はどこにある?

 

【選択枝】
 イギリス
 オーストラリア
 日本
スポンサーリンク

【ニュース検定】本日の解答

 イギリス

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

【ニュース検定】池上彰さんの解説

特集 "気候変動"に挑む⑤
池上解説【洋上風力に活路】

イギリスの世界最大の洋上風力発電所

イギリス中西部のアイリッシュ海に世界最大の洋上風力発電所があります。
海の中にたくさんの風車があり、この風車一つ一つの高さは、およそ200mもあります。
羽根も合わせれば、東京都庁の高さを優に超えます。
この羽根が1回転するだけで、家庭1日分の電気を生み出しているのです。
こういった洋上風力発電は、ヨーロッパで導入が進んでいて、地球温暖化対策の切り札となっています。

イギリスは、2030年までに洋上風力発電を、現在の4倍に引き上げる計画で、またアメリカも2030年までに、洋上風力発電を倍増させる方針です。

洋上風力発電に後れをとる日本

洋上風力については、日本政府もかなり野心的な計画を打ち出しています。
2030年までに1000万kWに増やし、2040年には最大4500万kWの発電を目指しています

実に、原発45基分(原発1基分は100万kW)です。

 

洋上風力 -日本の計画-
2030年までに 1000万kW
2040年までに 最大4500万kWの発電を目指す

 

ただ、現在日本の洋上風力の発電能力は、わずか2万kWです。
つまり日本政府は、洋上風力の発電量を、2030年までに今の500倍にしようというのです。
これは、大型風車を毎年100基以上、海に設置しなければ間に合わない計算です。

ただ、これまで日本の風力発電は、政府の後押しが弱く、利益も出ないことから、国内メーカーが相次いで撤退し、人材や技術が不足しています。
実際、政府が国内メーカーに発注し、600億円かけて福島沖に建てた大型風車はトラブルが多発し、全て撤去されることになりました。

 

このままでは、日本の海に海外メーカーの風力発電ばかりが並ぶことになりかねません。
政府だけでなく、日本メーカーの底力が試されているのです。

 

前回のニュース検定

 

本日の出題
「ことば検定プラス」
「お天気検定」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事