池上彰さんのニュース検定 
スポンサーリンク

スペイン風邪の第2波で打撃を受けた意外な商売は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 -ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
スペイン風邪の第2波で打撃を受けた意外な商売は?

 

【選択枝】
 カラオケスナック
 銭湯
 マスク売り
スポンサーリンク

本日の解答は

■ 銭湯

 

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【スペイン風邪 第2波日本上陸】

強力に変異したスペイン風邪第2波


スペイン風邪の第2波が日本に上陸したのは、1918年10月ごろと見られています。
その後およそ半年間、日本各地で大暴れしました。
公式な統計では、およそ2100万人が感染しました。
当時の総人口の実に4割ほどです。

今の新型コロナウイルスよりも感染力が何倍も強かったんです。

4月に相撲風邪として上陸した第1波は、感染者数、死者数ともに少なかったのですが、第2波は強力に変異していたのです。

 

1918年10月25日付けの東京朝日新聞は、「世界的流行のスペイン風邪」という見出しの記事を掲載しました。


世界中で大流行していることを踏まえ、内務省が各府県に対し注意を促す通達を出したと報じました。
これが、スペイン風邪という名前が、日本で広く使われるきっかけとなりました。
スペイン風邪が原因とみられる死者も急激に増えていきました。
11月9日付の東京朝日新聞によれば、東京の10月の死者数4031人のうち、およそ15%が流行性感冒、つまりスペイン風邪に関連したものでした。

 

スペイン風邪第2波で銭湯が大打撃

このスペイン風邪の流行は、日本では"意外な商売"に悪影響を与えました。
それは"湯屋"です。
今で言う"銭湯"のことです。
当時は多くの人が"銭湯"を利用していました。

11月9日付けの読売新聞が

「風邪の祟り 湯屋の大打撃」という見出しの記事を掲載しています。
スペイン風邪の影響で、人々は人混みを嫌い、銭湯の客は3分の1ほどに減少したといいます。

 

日本を襲ったスペイン風邪の第2波は、翌年(1919年)の春に終息しました。
しかしその年の秋には第3波がやってきます。
「一息ついたら襲ってくる」それがスペイン風邪の恐ろしさでした。

 

前回のニュース検定

 

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
□衣類乾燥除湿機
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□ホットプレート
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□保温・保冷対応魔法瓶(500ml)

池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんで解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事