「よいお年を」本来の使い方は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

「よいお年を」本来の使い方は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

きょうは12月28日、年の瀬ですね。
年末のことを「年の瀬」といいます。
年の瀬」の「瀬」とは、「川の浅瀬」の「瀬」の意味です。
江戸時代は、日頃の支払いをツケにする習慣がありました。

年末には、その溜まったツケを清算しなければいけなかったのです。

借金取りに追われるときなどの、年末の慌ただしさを、浅瀬の速い流れに例えたのが「年の瀬」という言葉のようです。

ですから「年の瀬」は、年末の最後の時期に使うべき言葉です。
そして、年末のこの時期に交わされる「よいお年を」という挨拶があります。
この挨拶には正しい使い方がありますが、「よいお年を」の本来の使い方はどれかという問題です。
きょうの問題

「よいお年を」本来の使い方は?

   -年末最後1週間のみ
   -大晦日には使わない
   -酒を飲んだ後仕事

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -大晦日には使わない

 

【本日の  のボケは?】

「よいおとしを」ではなく「酔いをどぅしよ」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「よいお年を」本来の使い方は?】

「よいお年をお迎えください」の由来

「よいお年を」という言葉は、後半が省略されてますよね。

きちんと言うと「よいお年をお迎えください」です。

 

この挨拶の由来は、いくつか説がありますが、ツケの清算に追われた江戸時代に、"全てのツケを清算して気持ちよく新年を迎えられますように"という意味で使い出したとも言われています。

「よいお年を」を使う正しいマナー

そこで現在も、"年末の行事を無事終わらせて、よい年を迎える準備を完了してください" と願いを込めた挨拶とされています。

ですから、使うのは「年の瀬」ですが、選択肢の1つ「最後の1週間のみ使う」という決まりはありません。
一方、大晦日はどうかというと、大晦日にはもう新年を迎える準備は終えてます。
となると、「よいお年を」という言葉は、大晦日には使わないというのが一つの正しいマナーと考えられています。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
次のうち「餅」が入る気象を表す用語は?
「みんなのエンタメ検定」
鈴木保奈美の超簡単レシピ 炒めるだけのその食材は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事