【BOOK文芸書ランキング】作家加藤シゲアキの10年が詰まった1冊に注目
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2022年9
月26日~10月2日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ブックファースト自由が丘店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

1位 「1と0と加藤シゲアキ」
加藤シゲアキ
KADOKAWA

今年、作家デビュー10周年を迎えた加藤さんの節目を記念した一冊。
デビュー作から最新作まで、すべてを網羅した作品ガイドや、今までの作家生活とこれからを語ったロングインタビュー。
さらに「渋谷と〇〇」をテーマに、8名の作家に執筆をリクエストした豪華コラボも実現。

このコラボ企画で、加藤さんは自ら脚本・監督などを務めたショートフィルムを制作。
その脚本や撮影日記など、政策の裏側を今作で余すところなく公開。

作家加藤シゲアキの10年が詰まった1冊です。

 

 

 

2位 「心配すんな。全部うまくい。」
ヒカル
徳間書店

人気YouTuberヒカルさんの初書籍。

YouTuber影響力トレンドランキング1位を誇るヒカルさんが、いかにしてトップに上り詰めたのか。
その思考と勝ちの哲学を初めて明かした一冊です。

 

3位 「リバー」
奥田英朗
集英社

直木賞作家・奥田英朗さんの犯罪小説。

未解決のまま迷宮入りとなった連続殺人事件から10年後ー。
河川敷で相次いで発見された女性の死体。
その手口は10年前の事件と酷似していた。

そんな中、警察が目を付けたのは3人の容疑者。
10年前、証拠不十分で釈放された男と、今回新たに捜査線上に浮かんだ二人。

同一犯か、それとも模倣犯か?
警察、容疑者、そして被害者遺族。
それぞれも思惑が交錯する緊迫感あふれる犯罪小説です。

 

 

 

4位 「パリの空の下で、息子とぼくの3000日
辻仁成
マガジンハウス

芥川賞作家の辻仁成さんが、シングルファザーになった日から、息子さんが大学に合格するまでの日々を綴ったエッセイです。

 

 

 

 

5位 「おいしいごはんが食べられますように」
高橋隼子
講談社

芥川賞受賞で、17万部突破!

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

 

 

 

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

6位 「メガバンク銀行員ぐだぐだ日記」 目黒冬弥 フォレスト出版
7位 「喫茶アネモネ 2」 柘植文 東京新聞
8位 「流浪地球」 劉慈欣(著)大森望・古市雅子(訳) KADOKAWA
9位 「老神介護」 劉慈欣(著)大森望・古市雅子(訳) KADOKAWA
10位 「ハヤブサ消防団」 池井戸潤 集英社

 

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「喫茶アネモネ 2」柘植文

 

喫茶店での会話にほっこり癒されるマンガ。

喫茶アネモネで繰り広げられるマスターと常連とのクスっと笑える日常を描いた作品。

 

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2022年10月8日放送-
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事