【必見】知らないと損をするホテル予約の裏ワザ
スポンサーリンク

誰にも教えたくない、知らないと損をする旅のマル秘テクニックをご紹介します。
これを知っておけば、役に立つことがあるかもしれませんからぜひご確認ください。

f:id:carp2019:20190213201145j:plain

裏ワザ1 繁忙期の直前でも超人気ホテルを直前予約できる方法

  • 宿泊日の21日前が狙い目です。
    理由は、パッケージツアーの取消料がかかる直前で、予定が変更や取消になったお客様が、取消料がかからないように、予約取消をしてくる動きがあるためです。
  • 宿泊日の4日前が狙い目です。
    理由は、宿泊予約のみの場合の取消料がかかる直前で、取消料がかからないように、予約取消をしてくる動きがあるためです。
    宿泊施設によっては、取消料対象時期が異なるため、必ずしも4日前ではない場合もあります。

どんな人気ホテルであっても、直前の電話連絡で取れることがありますので、上記のタイミングをしっかり覚えておくといいでしょう。

裏ワザ2 海外でも日本のホテルでも使える部屋の空き情報の満室を空室に変える方法

これは、ホテルWEBサイトの予約フォームを 使って、予約をされる場合に覚えておきたいワザです。

例えば、12/31の1泊で検索して、満室という回答だったとします。
そうした時に、12/31~1/1の2泊や~1/2の3泊で検索して見てください。
普通は、泊まる予定でない宿泊日を含めて、連泊するような検索はしませんよね。
そうしてみると、空室が出てくるケースがあります
これを、連泊予約法といいます。

なぜそういうことが可能かといいますと、ホテルの予約システムというものは、収益を最大化するようにプロミングされているからです。
この方歩は、日本のホテル予約サイトではあまり効果を発揮できないのですが、特に海外のホテルでは、このワザを使えることが多いので、一度ぜひ試してみてください。

裏ワザ3 ホテル宿泊代金を安く予約する方法とは?

例えば、あるホテルの宿泊予約で、2名1室の代金が、日本からの予約だと、1泊1名10,000円×2名=20,000円になるところが、海外から予約した場合には、1室18,000円で予約できるようなケースがあります。

日本のホテル予約でも、日本の宿泊ナビサイトよりも、海外版の宿泊ナビサイトの方が、安く予約出来る場合がありますので利用しない手はありません。
その背景としては、海外からの宿泊客の場合は、長期滞在のため1泊だけの利用だけで終わらないケースが多いので、あらかじめ、宿泊代金に、最初から連泊割引みたいなものが、されていると考えられるからです。

裏ワザ4 ホテル部屋のアップグレードが期待できるときとは?

これは、ホテルが満室で、予約している部屋がホテル側の理由でオーバーブッキングをした場合に、ホテルがやむ負えずそういうアップグレードをされると思われがちですが、むしろ期待できるのは、部屋が空いている日です。

空いている曜日+安めの部屋予約がコラボした時に
部屋がアップグレードされるチャンスがあるかもしれません。

なぜかというと、ホテル側としては、宿泊客の宿泊の満足度を高めて、次も利用したいと思ってもらったり、評判をあげたいという気持ちが働くからです。

私も、実際に、このアップグレードはこれまでも何度も経験しています。
それも、やはり先に説明しましたように、週末や休前日ではなく、平日の宿泊予約の時によく経験しています。
一般的によく利用する、スタンダードなツインルームがスイートみたいな超デラックスルームにアップグレードするような経験はまだないのですが、デラックスツインルームというような、スタンダードの部屋よりも広い部屋にランクアップするのは、よく経験しています。

何度か経験しているうちにわかるのですが、そういうアップグレードをしてくれるホテルも、大体決まってきます。
確かに、ホテル側の狙い通りに、私も、そのホテルの印象もよくなっているのはもちろんです。
ですから、ホテル予約をする場合には、そのホテルを無条件で選択して予約していることが多いです。

どうでしたか?
参考になりましたか?
そんなことなら、「知っていた」と言われるかもしれませんが、旅行の楽しみの1つ、ホテルステイをより楽しむために、ご希望のホテルをすんなり予約できるワザとして、皆さんの頭の片隅に置いて頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事