【1位は日向坂46ストーリー】BOOK RANKING(総合ランキング)TOP10 -王様のブランチ-[2020年8月10日~16日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BOOKランキング TOP10 -2020年8月10日~16日-

最新の本の売り上げランキングが、毎土曜の「王様のブランチ」で発表されています。

【今回のBOOK RANKINGについて】
SHIBUYA  TSUTAYAによる【総合ランキング】として発表されたものです。

 

BOOKランキング1~5位

 

第1位 メンバーの心境をノンフィクションで綴る
「日向坂46ストーリー」
西中賢治
集英社

 

 

第2位 思い出を集めた最新エッセイ
「すべて忘れてしまうから」
燃え殻
扶桑社

なぜか忘れられなかった小さな思い出を集めたエッセイです。

 

第3位
新進気鋭の作家が描くSF長編
「アルヒのシンギュラリティ」
河邉 徹
クラーケンラボ

著者はWEAVERのドラマーの河邉徹さん。
作家。中村航さんが「まさに世界で一番優しい物語」と絶賛する、人間と人工知能を持つロボットが共存する近未来を舞台にした、感動作です。

 

 

第4位 「四畳半タイムマシンブルース」
森見登美彦(著) 上田誠(原案)
KADOKAWA

 

第5位 6年ぶり最新短編集!
「一人称単数

村上春樹
文藝春秋

 

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 BKBショートショート小説集
電話をしてるふり
バイク川崎バイク ヨシモトブックス
第7位 明け方の若者たち カツセマサヒコ 幻冬舎
第8位 俺の残機を投下します 山田悠介 河出書房新社
第9位 ゲイバーのもちぎさん もちぎ 講談社゜
第10位 すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間 ハ・テワン(著)
呉永雅(訳)
マガジンハウス

 

6~10位の中で注目の一冊

俺の残機を投下します/山田悠介

eスポーツをテーマにした山田悠介さんの最新作。
タイトルの「残機」とは、あと何回ミスしても許されるかを示すゲーム用語。

物語は、eスポーツが盛り上がる2030年の横浜が舞台。
主人公は、元日本チャンピョンのプロゲーマー一輝。

最近は、成績が落ち込み荒んだ生活を送っていた。
そんな現実の世界に、ある日一輝の"残機"を名乗る3人組が現れた。

生きている自分に"残機"の存在など信じられなかったが、一輝の身勝手な行動によって、実際にひとりの"残機"が消えてしまう。

残るは二人。
彼らの命を懸けた思いが一輝にとって本当に大切なものが何かを気づかせてくれる。

感動の物語です。

BKBショートショート小説集 電話をしてるふり/バイク川崎バイク

著者は何でもBKB(びっくり救助でバタフライ)で略してしまうネタで人気の芸人、バイク川崎バイクさん。

今作では、お笑いとは一変。
どんでん返しの感動を呼ぶ50作もの超短編小説を書いて記す。

例えば、最初に収められた「花言葉」はわずか4ページで綴られた感動作。

俺は、いつものように、
彼女に会う花を探していた。
そしてこの日は彼女のためバラを選び会いに行く俺。今日は何を話そうかと考えているうちに、彼女のもとにたどり着く。
するとそこは、コケ一つない手入れの行き届いたお墓の前。

そしてラストに書かれたセリフに、誰もがハッとさせられる。
大好きだった彼女の思いもよらない存在とは・・・。

 

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2020年8月22日放送-

 

スポンサーリンク
おすすめの記事