ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

米国CDCは何の対策センター?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 -ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
米国CDCは何の対策センター?

【選択枝】
 衛生
 健康
 
疾病
スポンサーリンク

本日の解答は

 疾病

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【トランプ政権のCDC】

感染症対策で世界最強組織 CDC(アメリカ疾病対策センター)

感染症対策で世界最強といわれる組織があります。
アメリカのCDC(Centers Disease Control and Prevention)・アメリカ疾病対策センターです。

全米だけでなく、世界各地に14000人以上の医師や研究者らを抱え、モットーは「国境に到達する前に疾病と闘う」です。

つまり、アメリカ国内に感染症が上陸する前に叩くというのです。
また世界60か国以上に職員を派遣し、共同研究なども進めています。

常に最新の研究成果を取り入れているのです。

実際CDCは、2002年にSARSが中国を襲った際には、すぐに専門家を現地入りさせ支援しました。

この時、SARSの全ての遺伝子配列を明らかにしたのも、CDCの専門家チームでした。
これをきっかけに、米中の協力関係も進んでいきました。

 

CDCを弱体化させたトランプ大統領

CDCはこれまで、感染症の分野で世界を牽引してきたにもかかわらず、今回の新型コロナウイルスについては大きく出遅れています。

アメリカは感染者数、死者数ともに世界最悪の状況に陥っているのです。
その原因ともなっているのが、トランプ大統領です。

専門家の意見を軽視してきたのです。

実はトランプ政権は、オバマ前大統領がNSC(国家安全保障会議)内Iに作っていたパンデミック担当チームを、2018年に解体しました。

またCDCの予算削減を進め、来年2021年の予算については16%もの削減を提案していました。
トランプ大統領は感染症対策の要であるCDCの力を削いでいたのです。

トランプ大統領は、いつ起こるかもわからないパンデミックを軽視して、目先の移民政策や、経済対策に金と力を注いできました。

その強烈なしっぺ返しを受けているのが今のアメリカなのです。

 

前回のニュース検定

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
Wi-Fi対応インクジェットプリンター
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
カプセル式コーヒーメーカー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

ご当地フェイスマスク
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事