ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「折紙付き」、「折紙」とは本来何のこと?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ことば検定プラス-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、林修先生が出題することば検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

 

「ことば検定プラス」今日の問題

【問題】
「折紙付き」、「折紙」とは本来何のこと?

 

【選択枝】
 神のお告げ
 鑑定書
 節分以外帰らない
スポンサーリンク

本日の解答は

 鑑定書

 

【今日ののボケは?】
「折り紙つき」ではなく、「鬼が3月(おにがみつき)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【折紙の由来】

折紙(おりかみ)は、平安時代末期の文献にも登場するほど、古くから使われた言葉です。

但し、その頃は単に2つに折った紙のことでした。
自らの覚書用に、神を横長に2つに折って使いました。
紙は貴重品ですから、節約のために懐に入れやすくするためと言われています。

その後、この2つ折りは「いいね」ということでよく使われるようになりました。

折紙(2つ折り)は、下記のように使われました

室町時代・・・目録など
江戸時代・・・刀や書、絵画、巻物などの鑑定書

そして、だんだん鑑定書そのものを折紙と言うようになりました。

似た言葉に「お墨付き」があります。
専門家のお墨付きのように、「誰からの保証」かに重点を置くのが「お墨付き」
彼の実力は折紙付きのように、人や者そのものが優れていることが「折紙付き」と覚えておいたらいいでしょう。

前回の「ことば検定プラス」

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
Wi-Fi対応インクジェットプリンター
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
カプセル式コーヒーメーカー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
ご当地フェイスマスク
林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンからは問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事