【水曜日のダウンタウン】「豆柴の大群」クロちゃんver.対WACK ver. クロちゃん優勢の展開
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「豆柴の大群」新曲 クロちゃんver.  対 WACK ver.

TBS系バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」の「モンスターアイドル」。
クロちゃんがアイドルグループをプロデュースする企画で、スタートから、メンバー選考に関するクロちゃんのゲスな行動や言動に非難が集中して。それがもとで一旦「豆柴の大群」プロデューサーを解任されたのが昨年末までの放送でした。

クロちゃん解任に至った流れ

デビュー曲「りスタート」CDを3種類のジャケットで発売
クロちゃん続行Version
クロちゃん解任Version
クロちゃん解任&罰則Version
一番売れたジャケットで、クロちゃんの処遇を決める企画は、
「クロちゃん解任&罰則Version」が最多売り上げを記録して、昨年末の放送で、解任され逆さづり&水責めの罰を受けました。

クロちゃんの泣きの一曲

その後、SNSでクロちゃんのアイドルプロデュース力を高く評価する声が出て来て、「豆柴の大群にはクロちゃんが必要」とプロデューサー復活を望む声が多くなってきました。

そんなクロちゃんが2月12日、TBS系バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」に出演。
どうしてもプロデュースを諦めきれなかったクロちゃんとマネジメント会社「WACK」代表の渡辺淳之介さんとの会食で、クロちゃんプロデュースから一新した豆柴の大群に、「クロちゃんの方が良かった」と批判がかなり来ていることを渡辺さんが明かし、「もう一度出来ないすか、僕」と直談判したクロちゃんに。渡辺さんも「なくはない」と了承。
クロちゃん作詞作曲で「泣きの一曲」が制作されることが決定しました。

クロちゃんver.対WACK ver. -YouTube再生回数対決-

今度の対決は、Youtube再生回数対決。
クロちゃんバージョンとWACKバージョンの2曲のミュージックビデオがYouTubeにアップされ、1週間の再生回数が多い方の勝利となる対決。
クロちゃんが勝った場合は、アドバイザー的な立場で豆柴の大群に関わることができるポジションに復帰。
もし負けたら、豆柴の大群には一切の関わりができないという勝負。

たとえ勝っても、プロデューサーには復帰できない模様です。
クロちゃんが、豆柴の大群に「戻ってほしいでしょ」と聞くと、「アドバイザーなら」とかわされ、ダウンタウン松本さんからは「ホントの豆柴にも関わったらあかんで」と突っ込まれる場面も。

クロちゃんの新曲「ろけっとすたーと」
番組の最後でミュージックビデオが流された後、たむけんが豆柴の大群に「どっちに勝って欲しいとかある?」と聞くと、メンバーは「うーん」とやんわりとかわしました。

一方のクロちゃんは「お願いします。もう一回戻らせてください」と必死にアピールして終了。

さあ、皆さんもどっちのバージョンがいいか参加してみましょう。

スポンサーリンク

クロちゃんver.「ろけっとすたーと」

クロちゃんのやる気が伝わってきますね。

まずは、クロちゃんVersionを再生してみましょう。

この企画を最初から見ていた方はおわかりの、アイドル大好きクロちゃんのカラーが前面に出たミュージックビデオに見えました。

スポンサーリンク

WACK ver. 「大丈夫サンライズ」

続いて、WACKバージョン。
渡辺代表が、クロちゃんから受け継いで、がらっと変えた衣装。
「クロちゃんの方が良かった」と批判が来ているといわれたプロデュースのままのミュージックビデオ。

クロちゃんにはない、大人びた洗練さを感じるミュージックビデオですね。

クロちゃんver.対WACK ver. どっちがいいと思いましたか?

クロちゃんのメンバー選考の時の行動、言動など、あのゲスさを見れば、プロデューサーを辞めさせたいという気持ちがどうしても先行していたのが、デビュー曲のジャケット3種類の発売の時の気持ちでした。

今回のミュージックビデオ対決。
そんな気持ちの余韻がまだ残ったまま再生しましたが、私の「豆柴の大群」のイメージは、クロちゃんVersionでした。
歌詞も面白くて、ついつい聞きこんでしまう自分がいます。

YouTube再生回数(2月13日20時40分現在)

クロちゃんバージョン再生回数 1,765,077回
WACKバージョン再生回数   1,438,950回

ここまでは、私と同じような思いの方が多いようです。
残り5日あまり、はたしてクロちゃんのアドバイザー復帰はあるのでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事