【誰でも出来る】毎朝食べたいサバ缶の簡単料理レシピ
スポンサーリンク

史上空前のサバ缶ブーム

最近の健康番組でよく取り上げられるサバ缶。
特に水煮が取り上げられることが多いですね。

健康のために手軽に食べれるそのサバ缶人気はこのところ凄いです。
今、スーパーなどでは、特設コーナーが作られるほど人気で、特に水煮は品切れになることもあるほどです。

今まで魚の缶詰といえば、ツナ缶のイメージが強かったのですが、おととし、サバ缶の生産量がツナ缶を抜き1位になりました。
これは先に触れたテレビ番組の影響も大きいのでしょう。

スポンサーリンク

サバ缶の魅力

魚を毎日摂取するのは体にいいということはなんとなくわかっていても、それでもなかなか続けることは難しいと考えている方も多いでしょう。
そんな人たちにとっては、手軽に食べれるこのサバ缶は大きな魅力です。

実は、このサバ缶の栄養素であるEPA&DHAですが、生のサバとサバ缶の量を比べると、サバ缶の方がより豊富に含まれています。
というのも、その製造過程に秘密があるんです。
新鮮なサバをカットして、すぐに缶に密閉してしまうので、栄養素が酸化するのを防ぐからです。

スポンサーリンク

サバ缶はいつ食べたらいいの?

サバ缶は朝食べるのがいいです。

EPA&DHAの吸収力が朝の方がいいからで、なるべく朝食に食べるようにしましょう。
私も毎朝サバ缶を食べるのが習慣になっています。

私の食べ方は、カットした玉ねぎやブロッコリーに、サバ缶を汁ごとかけて食べています。
特別味付けしなくてもいいのですが、オリーブオイルをかけてヘルシー感たっぷりにして頂いています。

毎日同じものを食べているので、多少飽きも出てくる時もありますが、健康のためならと思って、それでも美味しいからこそ続いています。

それでもたまには変わったサバ缶料理を食べたいと思って食べることもあります。
手軽に変化をつけているのは、水煮とみそ煮を変えるだけですが・・・。

朝って結構ばたばたと忙しいし、それでもどうしても食べたいし、ちょっとズボラな私にも出来るようなレシピをここでまとめておきますね。

サバ缶簡単料理レシピ

サバ缶サラダ

私が毎朝よくやっているのがサバ缶サラダ。
前日に玉ねぎをカットしておいて、ブロッコリーがあればレンジでチンして、そこにサバ缶を汁ごとかけて出来上がり。
サラダドレッシングもかけることなく、さっぱりとした味で頂けます。
私は、これにオリーブオイルをひとかけしてヘルシー感をアップさせています。

サバ缶炊き込みご飯

これは食事の際に、コンスタントにサバ缶を食べれる便利レシピです。
作り方は、とても簡単。
ご飯を炊く前に、サバ缶を1缶まるまる汁ごと入れて炊き込むだけで出来上がり。

苦手な方も多いかもしれない魚の独特の匂いも、そんなに感じることなく、手軽で美味しくいただけます。
もう一工夫考えるのであれば、トマトを丸ごと1個入れるとか、ひじきを入れたりすれば、さらに美味しさを引き立ててくれます。

サバ茶碗蒸し

茶碗蒸しと聞くとちょっと面倒と思うかもしれませんが、心配ご無用です。
用意するのは卵と、あればいいのが、しめじとかのトッピング。
マグカップに卵を溶いて、適量のサバ缶を汁ごとをれて電子レンジでチンするだけのもの。
私もこれは気に入って、よく作っています。

サバ茶漬け

ご飯に梅干しを乗せて、サバ缶を汁ごと入れて、お湯をかければ出来上がりです。
このレシピは旅先などでも出来る簡単レシピなんです。
コンビニで売っている梅おにぎりがあれば簡単です。
何かお碗みたいなものがあれば十分で、それにいれてお湯をかけるだけ。
これで、外出先でも、健康的にサバ缶生活を続けられますね。

サバ缶味噌汁

日本一の長寿県の長野では、サバ缶をみそ汁に入れるご当地料理があるそうです。
それくらい、長野県ではサバ缶は地域に根付いています。

これまた作り方は簡単。
味噌をお湯で溶き、食物繊維が豊富なえのきやサバ缶を汁ごと入れたら出来上がり。
ダシを入れずに作れる簡単味噌汁。
私は、よくインスタント味噌汁にサバ缶を入れて食べてますよ。

サバ缶簡単料理でとても大切なこと

サバ缶の汁ごと入れることが、最大のポイントです。
なぜなら、サバの栄養素がこの汁に凝縮されているからです。
このことだけはしっかり忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事