明治~大正時代に日本に普及していたスケート靴は? 【お天気検定】-2019年12月18日-
スポンサーリンク

明治~大正時代に日本に普及していたスケート靴は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-お天気検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、依田司気象予報士が出題するお天気検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

依田司気象予報士の「お天気検定」

「お天気検定」今日の問題

【問題】
明治~大正時代に日本に普及していたスケート靴は?

【選択枝】
 わらじスケート
 下駄スケート
 スリッパスケート
スポンサーリンク

本日の解答は

■ 下駄スケート

【傾向と対策】
「明治時代 スケート靴」と検索してなんとか出てきました。

【今日の中継先は】
アーバンドッグららぽーと豊洲 からの中継でした。 

スポンサーリンク

本日の豆知識

【スケート靴】

幕末期には下駄に竹や鉄を取り付けたソリ状の滑り下駄があったが、これに対して海外から新たにもたらされたスケートに影響を受け、下駄に金属製のブレードを組み合わせた下駄スケートが作られた。1908年には諏訪湖で下駄スケートによるスピードスケートの大会が開催されている。北海道では昭和30年代頃まで、金属製のブレードを長靴に革バンドで固定した雪スケートが子どもたちの冬の玩具として人気があった。機械スケート、ガチャスケートなどとも呼ばれた。

参考元 ウィキペディア

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
Bluetooth防水スピーカー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
チーズラクレット&フォンデュメーカー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
グランプリファイナル6日(金)開幕 フィギュア ゴーちゃんグッズ
依田司気象予報士のお天気検定について
【出題】
出題時間は7時35分過ぎ
依田司気象予報士が各地の中継先から、「お天気」と「中継先」にまつわるクイズが出題されます。
出題した直後、各地のお天気情報をはさんでの解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
スポンサーリンク
おすすめの記事