「反日種族主義」の著者は? 【ニュース検定】
スポンサーリンク

「反日種族主義」の著者は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
「反日種族主義」の著者は?

【選択枝】
■   アメリカの学者
 日本の学者
 韓国の学者
スポンサーリンク

本日の解答は

 韓国の学者

【傾向と対策】
これは簡単でした。
本屋でこの本を手にしたこともあります。
もしわからなければ、「反日種族主義」で検索かけると、出てきます。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【反日種族主義】

池上彰さんの解説を要約しますと

2019年10月に日本で出版された「反日種族主義」が40万部を超えるベストセラーになっています。
この本は、韓国に蔓延する反日の背景について、事実を掘り起こしながら解き明かしています。
政治も学問も裁判も嘘ばかりだと談じ、この嘘や迷信に基づいて「反日」が繰り返されてきたというのです。

ソウル大学の元教授ら韓国の学者6人が書きました。
しかも、反日の雰囲気が漂う韓国でもベストセラーになりました。

韓国の人たちの声

私が今まで教育を受けた内容と完全に相反しているから驚きました。
私が持っている常識では事実ではないと思います。

日韓で問題になっている元徴用工についても教科書の嘘を指摘しています。
たとえば、昨年教科書に強制労働させられた朝鮮民族として載せられた写真も、実際写っているのは全員日本人でした。

他にも、でたらめな例として、風水鉄杭問題があります。
これは旧日本軍が、韓国の山に鉄の杭を打ち込み、風水のいわゆる「気」の流れを悪くしたという言い伝えです。
これを反日運動に利用したのが、金泳三政権でした。
「日本からかけられた呪いを解く」と言って、鉄杭の除去を国家事業としたのです。

著者は、「杭は土地の測量のためのもので、風水との関係はなかった」と結論付けています。

このような「ゆがめられた歴史の積み重ねが韓国の反日感情の根底にある」と著者は指摘しています。
これを正していくこそが、日韓関係の正常化につながると訴えているのです。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
スタンドミキサー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
ハンガーショット機能付き衣類スチーマー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

東京五輪最終予選9日(木)初戦 サッカー日本代表2020ユニフォーム
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2分ほどが考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事