日本企業が国内工場を新設する主な理由とは? 【ニュース検定】-2020年2月4日-
スポンサーリンク

日本企業が国内工場を新設する主な理由とは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
日本企業が国内工場を新設する主な理由とは?

【選択枝】
■   高品質のアピール
 出張費の削減
 愛国精紳
スポンサーリンク

本日の解答は

■   高品質のアピール

【傾向と対策】
一見難しそうに見える問題も、選択肢をよく見れば答えは見えてきます。
最初から、■   高品質のアピール に着目して、それを検索ワードに使えば、ヒットします。
朝の番組で、難問奇問はそんなに出題されないものです。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【国内回帰】

池上彰さんの解説を要約しますと

資生堂が2019年11月、栃木県の大田原市に工場を新設して話題となりました。
国内に工場を作るのは久しぶりだったからです。
36年ぶりの国内新工場だったのです。

およそ350億円をかけた新工場で、化粧水などスキンケア商品を作ります。
日本製であることを売りにするのです。

資生堂 魚谷社長のコメント

供給体制を品質が非常に高いものを作れる日本で強化する
そして、日本国内のみならず、海外にもメイドインジャパンの価値を提供するというのが重要な経営戦略となっています。

地元は雇用が生まれるので大歓迎です。
2022年には、1000人規模の人がこの工場で働く見込みです。

さらに資生堂は今後、大阪や福岡でも工場を稼働させる方針です。
他にも、国内回帰に踏み切る日本企業が相次いでいます。

日清食品は22年ぶりに滋賀に工場を新設しました。
即席めんの工場としては、国内最大規模の生産力を持ちます。
また、ユニ・チャームも紙おむつなどを製造する工場を福岡で稼働させました。
こちらは26年ぶりです。

様々な企業が日本での生産を増やしているんです。
日本企業は、平成の時代、円高に悩まされ、相次いでアジアに進出しました。
人件費などが安かったからです。
しかし、その人件費も今では高騰していて、日本との差が縮まっています。
つまり、アジアに進出するメリットが少なくなったのです。

さらにアジアからの観光客は、安全安心で品質のいい日本製なら高くても購入しています。
このため、日本企業はメイドインジャパンを全面的に打ち出し、高品質をアピールした方が得策だと判断しているのです。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
スタンドミキサー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
ハンガーショット機能付き衣類スチーマー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

東京五輪最終予選9日(木)初戦 サッカー日本代表2020ユニフォーム
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2分ほどが考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事