スポンサーリンク

世界最年少34歳の女性首相が誕生した国は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
世界最年少34歳の女性首相が誕生した国は?

【選択枝】
■   ノルウェー
 スウェーデン
 フィンランド
スポンサーリンク

本日の解答は

 フィンランド

【傾向と対策】
「世界最年少首相」と検索すればすぐ出てきます。
ニュースになっていたので、調べずに分かった方も多いと思います。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【34歳 女性首相】

池上彰さんの解説を要約しますと

フィンランドのサンナ・マリン首相は34歳で世界で最も若い首相です。
日本人から見れば驚きですが、フィンランドから見ればそう驚きの事でもないんです。
若さと女性は、政治の世界でも日常的なものになっています。

今回発足した政権は、5党の連立政権です。
サンナ・マリン首相の属している社民党の党首は男性ですが、他の4党の党首は女性です。
しかもその内3人が、30代前半です。
財務省には32歳の中央党の女性党首が就任しました。

サンナマリン首相は、もともと人口20万人ほどの都市の市議会議員でした。
その後、国会議員、大臣を経て、首相になったのです。
ただ、幼いころから恵まれた環境にあったわけではありません。
女性のパートナーを持つ母親の下、貧しい家庭で育ったのです。

家族の中、初めて大学に進学したマリン氏はこう言っています。

フィンランドの福祉と教育制度がなければ、ここまで来るのは不可能だった。

フィンランドでは、大学までの学費が無料です。
家庭環境に左右されず、高等教育を受けることが出来るのです。

マリン首相は、自らの経験を踏まえて、国のかじ取りを行います。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
スタンドミキサー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
ハンガーショット機能付き衣類スチーマー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

東京五輪最終予選9日(木)初戦 サッカー日本代表2020ユニフォーム
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2分ほどが考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事