来年実施される大学入学試験の名称は? 【ニュース検定】
スポンサーリンク

来年実施される大学入学試験の名称は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
来年実施される大学入学試験の名称は?

【選択枝】
■   共通一次試験
 大学入試センター試験
 大学入学共通テスト
スポンサーリンク

本日の解答は

 大学入学共通テスト

【傾向と対策】
この問題は、簡単だったので調べていません。
分からない方も、消去法ですぐに答えはおわかりになったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

本日の豆知識

【文学の危機】

池上彰さんの解説を要約しますと

去年11月、大学入試で英語の民間試験の導入が延期されました。
きっかけは、羽生田文科大臣の身の丈発言でした。
準備を始めていた受験生は振り回されましたが、高校の現場では、もう1つの改革も議論を呼んでいます。
高校の国語です。
高校2年生以上の国語の選択科目で実用的な文章を重視する方向性が打ち出されたのです。

争点となっているのは、論理国語と文学国語です。
いずれも選択科目となっています。

論理国語は、論理的な文章を読んだり書いたりする力をつけようという科目です。
たとえば、駐車場の契約書や、景観保護ガイドラインの読み解きなどがあげられます。
一方、文学国語は、文字通り、文学作品を読み込みます。
共感力や想像力を養うためです。

多くの進学校では、論理国語を選択し、文学国語を選ばないのではないかと懸念されています。

どうして文学国語を選ばれないかというと、大学入試センター試験に代わって、来年1月から実施される大学入学共通テストでは、実生活に即した読解力を問う問題が出るからです。
それなら「論理国語を学んだ方がいい」「文学どころではない」と言うんです。

しかし、高校生という多感な時期に小説を読むというのは極めて大切です。
教科書で出会った文学小説が呼び水となり、人生を切り開くきっかけになることもあるかもしれません。

今回の国語の問題もまた、実施までにはまだ一波乱起きる可能性があるのです。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
スタンドミキサー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
ハンガーショット機能付き衣類スチーマー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

東京五輪最終予選9日(木)初戦 サッカー日本代表2020ユニフォーム
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2分ほどが考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事