2018年の日本酒輸出先1位の国は? 【ニュース検定】
スポンサーリンク

2018年の日本酒輸出先1位の国は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
2018年の日本酒輸出先1位の国は?

【選択枝】
■   アメリカ
 中国
 韓国
スポンサーリンク

本日の解答は

■   アメリカ

【傾向と対策】
この問題は私は難しかったです。
「日本酒輸出先」で検索したらSAKETIMESさんのページでわかりました。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【日本酒製造免許】

池上彰さんの解説を要約しますと

以前このコーナーで取り上げた山口県の日本酒「夢雀」
日本では8万8000円、ドバイでは60万円もする超高級日本酒でした。
その「夢雀」が今年いよいよアメリカ進出です。
海外で急拡大している日本酒の需要を取り込もうとしているのです。

日本酒は近年の和食ブームを追い風に、世界中で需要が高まっています。
輸出額は9年連続で過去最高を更新しているのです。
2018年の輸出先の第1位はアメリカで、中国も近年急激に伸びてきています。

ただワインに比べると、市場はまだはるかに小さいので、業界関係者は輸出額は今のおよそ10倍になる可能性があると指摘しています。

こうした状況を踏まえて、政府は規制緩和を検討しています。
輸出に限定して、日本酒の製造場の新設を認めようとしているんです。
日本酒は国内では需要が減っているので、既存の酒蔵を守るために、製造免許の新規発行は原則認められていません。
ただ、政府は今回の規制緩和で、海外向けに特化した日本酒製造会社を誕生させようとしています。
それは地方創生にも直結しています。

日本酒が海外で売れる様になれば、地方の酒蔵も恩恵を受けます。
その結果、地方創生につながると言うんです。

「夢雀」のような超高級な日本酒が次々と海外で勝負する可能性があるのです。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
スタンドミキサー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
ハンガーショット機能付き衣類スチーマー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

東京五輪最終予選9日(木)初戦 サッカー日本代表2020ユニフォーム
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2分ほどが考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事