1964年東京五輪「オリンピックマーチ」作曲者は?  | ニュース検定-2019年11月28日-
スポンサーリンク

1964年東京五輪「オリンピックマーチ」作曲者は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題
【問題】
1964年東京五輪「オリンピックマーチ」作曲者は?

【選択枝】
  山田耕筰
  芥川也寸志
  古関裕而
スポンサーリンク

本日の解答は

  古関裕而

【傾向と対策】
検索方法の簡単な問題ですね。
「東京五輪 オリンピックマーチ」だけで、「古関裕而」さんの名前が出てきました。

スポンサーリンク

本日の豆知識

オリンピックマーチ
1964年東京オリンピックの開会式で鳴り響いたのが「オリンピックマーチ」
あれ以降、運動会の入場行進で流れたりしました。
東京五輪の開会式は、戦後の復興を世界にアピールする絶好の機会で、そこで流れる曲も国の威信がかかっていました。

その重要な仕事を手掛けたのが、作曲家の古関裕而さんでした。

有名な曲は、
早稲田大学の応援歌「紺碧の空」
阪神タイガース「六甲おろし」
読売巨人軍「闘魂込めて」
他にも、「長崎の鐘」「君の名は」「モスラの歌」なども古関裕而さんの曲です。

古関裕而さんは、当時屈指の作曲家でしたが、戦時期には、戦意高揚のための曲を作曲していました。
終戦直後、戦争で手足を失った軍人を見て、悲痛な気持ちになったといいます。

その後は、まるでそれを償うかのように、明るく元気な曲を作り、
その集大成が「オリンピックマーチ」でした。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
マッサージシート
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
電動歯ブラシ
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
おっさんずラブ-IN THE SKY-番組オリジナルパーカー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2分ほどが考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事