ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

天皇陛下がライフワークで研究されているテーマは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 -ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
天皇陛下がライフワークで研究されているテーマは?

【選択枝】
 水
 ハゼ
 ナマズ
スポンサーリンク

本日の解答は

 水

【傾向と対策】
「天皇陛下 研究」と検索かけたら、出てきます。

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【天皇陛下のライフワーク】

天皇陛下のライフワーク

2019年4月、この本が出版され話題になりました。
タイトルは「水運史から世界の水へ」です。
本の著者は、徳仁親王。つまり、今の天皇陛下です。

陛下がライフワークとしている水の研究についての講演がおさめられています。

この本には。過去30年以上にわたって行われた講演が掲載されています。

陛下はもともと、イギリスのテムズ川などの水上交通について研究されていました。
その後、研究テーマは世界が直面する水の問題に広がります。
水こそが、紛争や貧困、教育などの問題にも直結するからです。

陛下は資料に向き合い、現場を歩かれた上で、研究や講演を続けられました。

陛下の水に対するご関心はとても幅広いものです。
まさに本のタイトル通り、ご関心は世界の水に広がっています。

きっかけはネパール訪問

きっかけは、1987年のネパール訪問でした。
ヒマラヤを一望できる一帯を山歩きしていた際、多くの女性や子供が水を得るために歩く姿を見かけられたのです。

天皇陛下の「第1回アジア・太平洋 水サミット」(2007年12月 大分県別府市))でのお言葉

「多くの女性が水を得るための家事労働から解放されず、子供が水汲みに時間をとられて学校へ行けない現実があることを知りました」

陛下は水問題を考える時には、このネパールの光景が脳裏に浮かぶとおっしゃっています。

水の問題を切り口に、世界が抱える様々な課題をどう克服するか、日本だけでなく世界の平和と発展に心を砕かれているのです。

ちなみに「ハゼ」は上皇陛下、「ナマズ」は秋篠宮殿下の研究対象です。

 

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
オーブントースター
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
バーベキューグリル
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

エッグスチーマー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事