沖合にレアアースが大量にあるとされている島は? 【ニュース検定】-2020年4月29日-
スポンサーリンク

沖合にレアアースが大量にあるとされている島は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

「ニュース検定」今日の問題

【問題】 今日は過去出題された復習問題です
沖合にレアアースが大量にあるとされている島は?

【選択枝】
■   沖ノ鳥島
 尖閣列島
 南鳥島
スポンサーリンク

本日の解答は

 南鳥島

【傾向と対策】
「レアアース 大量にある島」と検索すればすぐ出てきます。
今日はヒント「日本最東端の島」がありましたから、分かった方も多いと思います。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【レアアース調査】

池上彰さんの解説を要約しますと

東京から約1900km離れたところに南鳥島があります。
実は、この島の周辺の海底は宝の山です。
レアアースが大量に埋蔵されていると言われているのです。

レアアースとは、スマートフォンやハイブリットカーの製造に不可欠なレアな金属のことで、「産業のビタミン」と言われるほど現代社会にとっては欠かせない資源です。
今は、中国が圧倒的なシェアを占めていて、中国の強力な外交力につながっているのです。

2010年の沖縄県尖閣諸島をめぐる対立では、中国が日本への輸出を制限しました。
そのレアアースが南鳥島の近海で採掘出来れば、中国の外交力を削ぐことも可能になるのです。

南鳥島近海のレアアースの埋蔵量は1600万トンに達し、世界の消費量の数百年分に相当すると言われています。
これまでは、洋上の船舶から特定のポイントごとに地層のサンプルを測定していましたが、政府は今年から無人潜水艦でより正確な埋蔵量を調査します。
6000mの深海に堆積するレアアースの混じった泥の分布や、厚みなどを測定します。

大量に埋蔵されていれば、日本にとってもいいニュースです。
ただ調査が成功したとしても、次のステップが必要になります。
採掘技術の開発です。
政府は科学調査船の「地球」をつかって、巨大をパイプを海底までおろし、吸い上げ作業を行う見通しですが、簡単ではありません。
日本が資源小国から脱皮できるかどうか世界が注目しています。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
オーブントースター
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
バーベキューグリル
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

エッグスチーマー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事