東日本大震災"液状化"、特に深刻だったのは? 【ニュース検定】‐2020年4月14日-
スポンサーリンク

東日本大震災"液状化"、特に深刻だったのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 -ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
東日本大震災"液状化"、特に深刻だったのは?

【選択枝】
 岩手県釜石市
 宮城県石巻市
 千葉県浦安市
スポンサーリンク

本日の解答は

 千葉県浦安市

【傾向と対策】
「東日本大震災 液状化」と検索かけたら、出てきます。

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【内陸部の液状化】

思わぬ場所での液状化

熊本地震が起きた翌年、池上さんは現場を取材しました。
その際、こんな言葉を聞き、驚きました。

池上さん

池上さん
液状化といいますと、もともと川だったり海だったりとか、そういうところが多いですすよね。

地元住民
ここは内陸部で、まさか液状化しているとは、初めてのことで、私たちもびっくりしているところなんです。

海から離れた場所で液状化が起きていたんです。

地元住民が住んでいたのは、海岸からおよそ8㎞離れた、内陸部にある熊本市南区です。
地震から1年後の取材でも、液状化の爪痕が残っていました。

電柱は、1m沈んだままで、傾いた家もありました。
家の中にも入りましたが、台所がある北側が20cmほど沈んだ状態でした。

地元住民
(家が傾いているので)何となく船酔いに近いような。
二人とも今毎日外に出ているんです。
ガサッとつぶれるのではないけれども、体になんか変調をきたすから

 

かなり住みにくそうですよね。

内陸部でも液状化

そもそも、この地区の住民は、液状化が起きるとは想定していませんでした。
ただ、熊本市はある程度、予測していました。

熊本市が2014年に作成したハザードマップでは、地質の状況は地下水の位置が高いことなどから、市街地のほとんどのエリアで液状化の可能性が高いとしていました。

住民と情報が上手く共有出来ていなかったんですね。

東日本大震災では、千葉の浦安市が液状化の被害を受けましたが、熊本市ではそうならないという見方が多かったのです。
浦安は埋め立て地なので、自分たちとは違うというんですね。

しかし、実際には内陸部でも液状化が起きました。

全国のあちらこちらで同じことが起きる可能性は十分にあります。
熊本地震の教訓は、人事ではありません。

 

前回のニュース検定

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
オーブントースター
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
バーベキューグリル
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

エッグスチーマー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事