ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

ギグワーカーの "ギグ" 何の用語?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
ギグワーカーの"ギグ"何の用語?

【選択枝】
 医療
 経済
 音楽
スポンサーリンク

本日の解答は

 音楽

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

ギグワーカーの乱

音楽用語だった「ギグ」

以前、このコーナーで、ギグワーカーを取り上げました。
ウーバーイーツの配達員のことを取り上げました。

ギグワーカーのギグというものは、もともとは音楽用語でしたね。
一夜限りの演奏という意味です。

そこから転じて、ギグワーカーとはウーバーイーツの配達員のように、場所や組織に縛られず、柔軟に仕事を請け負う人のことを指します。

ギグワーカー労働組合結成

当初は、この柔軟性がメリットと言われていたウーバーイーツの配達員たちが、去年10月労働組合を結成し、労働条件の改善を求めました。
「ギグワーカーの乱」です。

不安定な労働環境を改善するため、ウーバー側に団体交渉を求めているのです。

労働組合で、ウーバーイーツの配達員が問題視したのは報酬体系です。
去年11月に改訂され、1kmあたりの報酬が150円から60円に、およそ6割もカットされました

ユニオン代表の会見でのコメント

報酬の引き上げに対して強く抗議して、その結果を求めるとともに、会社に対して、一刻も早く違法な団交拒否を止め、ユニオンと団体交渉に応じることを求めて行きます。

会社側は団体交渉を拒否しています。
ポイントとなっているのが、配達員の立場です。
法律上は、あくまで個人事業主なんです。
つまり配達員は労働者ではないとして、会社側は団体交渉に応じていないのです。

配達中に事故で怪我をしても、原則として労災保険は適用されず、治療費は自己負担です。
配達員の皆さんは大変です。
ウーバーイーツの配達員は15000人ほどいます。

そして、このような時間と場所に縛られないギグワーカーは、今後急増する見通しです。

その労働条件つ付いては、法制度が絡むだけに国会での議論が求められています。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
オーブントースター
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
バーベキューグリル
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

エッグスチーマー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事