1964年東京五輪、三宅義信が金メダルを獲得したのは? 【ニュース検定】-2020年3月20日-
スポンサーリンク

1964年東京五輪、三宅義信が金メダルを獲得したのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
1964年東京五輪、三宅義信が金メダルを獲得したのは?

【選択枝】
 柔道
 重量挙げ
 レスリング
スポンサーリンク

本日の解答は

 重量挙げ

【傾向と対策】
これは有名だから調べていません
「三宅義信」と検索かけたら、出てきます。

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【自衛隊体育学校】

自衛隊体育学校設立の目的

昨日お伝えした円谷幸吉は日本のオリンピック選手養成機関に所属していました。
自衛隊体育学校です。

一般的には知られていないかもしれませんが、実はすごい学校なんです。
これまで143人のオリンピック選手を出し、20個のメダルを獲得しています。
そのうち8個が金メダルです。

この体育学校の学生は、特別職国家公務員である自衛官なのです。

自衛隊体育学校は、1961年、陸海空それぞれの自衛隊、共同の機関として設立されました。

64年の東京オリンピックに向けて、選手を育成するためです。

それまで日本は、オリンピックでのメダルの数が少なく、アメリカや旧ソ連のようなスポーツ大国とは程遠い状況でした。

当時の防衛庁の江崎真澄長官

自衛隊の中に体育専門学校を設置してオリンピック選手を育成し、東京オリンピック成功に寄与しなければならない。

当時の防衛庁の江崎長官は、開催国にふさわしい成果を残さなければいけないと考えたのです。
その狙いは、ずばり当たりました。。

自衛隊体育学校の活躍は続く

 

64年の東京オリンピックでは、銅メダルを獲得した円谷選手の他にも、三宅義信選手が重量挙げで金メダルを獲得しました。

三宅選手は同じく重量挙げで2大会連続メダルを獲得している三宅宏実選手の叔父にあたります。

開催国としてのメンツを保ち、その後多くの選手を輩出することとなる自衛隊体育学校の礎を築いたのです。

それから56年、東京オリンピックでもカヌーの藤島大樹ら自衛隊アスリートが代表になっています

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
電動家庭用炭酸水メーカー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
コードレスハンディクリーナー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

持ち運び用 電動歯ブラシ
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事