1964年東京五輪、円谷幸吉が獲得したのは? 【ニュース検定】
スポンサーリンク

1964年東京五輪、円谷幸吉が獲得したのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
1964年東京五輪、円谷幸吉が獲得したのは?

【選択枝】
■ 金メダル
 銀メダル
 銅メダル
スポンサーリンク

本日の解答は

 銅メダル

【傾向と対策】
これは有名だから調べていません
「円谷幸吉 メダル」と検索かけたら、出てきます。

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【円谷幸吉】

円谷幸吉の快挙

1964年10月21日は東京オリンピック最終日でした。
この日、マラソンでメダルを獲得したのは、円谷幸吉です。
銅メダルでした。

メダル獲得の快挙に日本中が沸きましたが、残念に思う国民もいました。

円谷が競技場に入ってきた際は、2位だったからです。
多くの国民が競技場やテレビの前で見守る中、ゴール目前で円谷はイギリスの選手に抜かれたのです。

次の五輪へ高まる期待とプレッシャーの重さ

 

自ずと、次のメキシコオリンピックで金メダルへの期待が高まりました。

円谷は、その後、ハードな練習に励みました。
金メダルが国民への約束となったのです。
しかし、腰の怪我に苦しめられました。
レースでも記録が残せず。オリンピックイヤーに入っても、全盛期には程遠い状態でした。

 

オリンピックのプレッシャーに苦しんでいたんですね。
そして、そのプレッシャーが悲劇を引き起こします。

1968年1月9日、円谷は27歳という若さで自ら命を絶ちました。
メキシコオリンピックの9カ月前でした。

遺書にはこう記されていました。

父上様、母上様、三日とろろ美味しうございました。
父上様、母上様
幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒お許しください。
幸吉は、父母上様の側で暮らしとうございました。

円谷幸吉は、栄光と深い苦悩とを背負い、人生の幕を閉じたのです。

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
電動家庭用炭酸水メーカー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
コードレスハンディクリーナー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)

持ち運び用 電動歯ブラシ
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんでの解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事