「立スイの余地もない」、「立スイ」の正しい漢字は? 【ことば検定】
スポンサーリンク

「立スイの余地もない」、「立スイ」の正しい漢字は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ことば検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、林修先生が出題することば検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定」

「ことば検定」今日の問題

【問題】
「立スイの余地もない」、「立スイ」の正しい漢字は?

【選択枝】
 立推
 立垂
 立錐
スポンサーリンク

本日の解答は

 立錐

【傾向と対策】
今年最後の放送は、サービス問題ですね。
調べる必要もなく、簡単でした。

【今日ののボケは?】
今日はボケなしでした。
こういう真面目な選択肢の時は、疑っていいです。
今年最後の問題は、いつもボケの からでした。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【雲泥の差】

林修先生の解説は
 今日はのボケはありません。
ずっと見て頂いている方なら、こういう時は怪しいと思われたかもしれません。
まず、そもそも「立錐」とは何のことでしょうか?
元々は、中国の紀元前の書物に由来します。
その書には、非常に狭い土地、との意味で「立錐の地」という言葉が登場します。
「立錐の余地もない」と言う表現は、その言葉を元にして、日本で作られた言葉です。では、立錐の地がなぜ、狭い土地となるのでしょうか?
「錐」の字には、先の尖った形の意味があります。
この字の訓読みは「きり」と読みます。
つまり、「立錐の地」とは、錐の細い先を突き立てるほどしかない狭い土地のことを言います。

【立錐の余地もないの語源・由来】 「立錐」は木に穴を空ける道具「錐(きり)」を立てることを意味し、錐が立つだけの余地すらなく、ぎっしり詰まって隙間もないという、狭い土地の喩えである。 出典は中国『史記』の『滑稽伝』で、「いまや秦は六国の子孫を滅ぼして、立錐の地さえないようにした」から広まった。

引用元 語源由来辞典

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
Bluetooth防水スピーカー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
チーズラクレット&フォンデュメーカー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
グランプリファイナル6日(金)開幕 フィギュア ゴーちゃんグッズ
林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時50分過ぎ
林先生が出題する前振りの時に、dボタンからは問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事