弟子が師匠を超えることを意味するのは?【ことば検定】‐2019年12月2日-
スポンサーリンク

弟子が師匠を超えることを意味するのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ことば検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、林修先生が出題することば検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定」

「ことば検定」今日の問題

【問題】
弟子が師匠を超えることを意味するのは?

【選択枝】
 二八余りは人の瀬越
 出藍の誉れ
 ルーを使わず昆布で
スポンサーリンク

本日の解答は

 出藍の誉れ

【傾向と対策】
この問題はすぐにわかったので検索しませんでした。
この手の問題は、選択肢そのまま「出藍の誉れ」と検索にかけたら答えが出てきますので、間違えた方は少なかったと思います。

【今日ののボケは?】
「ダシがシチューを変える」だそうです。
「弟子が師匠を超える」とかけていて、私はこのボケ好きです。

スポンサーリンク

本日の豆知識

【文房具とは】

林修先生の解説は

「出藍の誉れ」は藍染に由来する言葉。
藍の葉は染料に使いますが、葉の色は藍色ではないのに、布を染めると美しい藍色に変わります。
そこで、教えを受けた人が、教えた人よりも優れる意味になりました。

荀子(じゅんし)が学問の重要性を説明するために使った言葉からできた。
「学問は奥深く終わりがない。勉強をおこたらず、はげむことが大切だ。
青は藍(あい)よりとりて藍(あい)よりも青く、氷は水よりつくりて水よりも冷たし。」
青色の染料(せんりょう)は藍(あい)という草から作られるが、その色は藍(あい)という草の色よりもさらに青い。氷は水から作られるが、その水よりも冷たい。つまり、もとになった物よりも、それからできた物の方が優れている。このように学問も積み重ねよって、さらに発展するということ。
引用元 学習教材の部屋

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
Bluetooth防水スピーカー
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
チーズラクレット&フォンデュメーカー
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
グランプリファイナル6日(金)開幕 フィギュア ゴーちゃんグッズ
林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時50分過ぎ
林先生が出題する前振りの時に、dボタンからは問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事