「掟(おきて)」、元々の意味は?【ことば検定】-2018年8月30日-
スポンサーリンク

「掟(おきて)」、元々の意味は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ことば検定-

「掟(おきて)」、元々の意味は?

 

「グッド!モーニング」 林修のことば検定
ここでは「ことば検定プラス」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定」

 
「ことば検定」今日の問題

【問題】

「掟(おきて)」、元々の意味は?

 

【選択枝】
 罰を与えること
 計画を立てること
 ゴルフでOB
スポンサーリンク

本日の解答は

 計画を立てること

 

【今日ののボケは?】
「掟」ではなく、「大きいって」ということでした。

スポンサーリンク

本日解答の解説

「掟(おきて)」由来

語源は動詞「おきつ(掟つ)」の連用形から。
おきつ」という動詞は、もとは心に決める、計画を立てるという意味であった。
それが計画的に処置・管理し、指図・命令する意味に変化し、さらに従うべき指図・命令から、守るべき決まりへと意味が転じて、名詞「掟」が成立した。

引用元 「掟(おきて)」-由来・語源辞典-

 

前回の出題

 

林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンからは問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事