野菜マニアが注目する血糖値上昇を抑える健康野菜「菊芋」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

血糖値が気になる方へのおすすめ野菜「菊芋」

健康野菜の王様とも言われる野菜は、一般には、まだ馴染みが薄いものでした。
その野菜とは、菊芋

菊芋とは
キク科 ゴボウの仲間
原産国 北アメリカ

春(4月)に種芋を植えると、わずか半年で急成長。秋(11月)には収穫できます。
菊芋の由来は、菊に似た花を咲かせるからです。

POINT1
注目すべきは、菊芋に含まれるある成分
糖の吸収を抑える「イヌリン」が野菜の中ではトップクラス、多く含まれています。

イヌリンとは、
水溶性の食物繊維のことで、にんにくやゴボウなどに含まれています。

糖尿病などに詳しい専門家によると、

イヌリンというのは、胃や腸では分解されない
つまり、吸収されないんです。
糖質をたくさん含むような食事の中にイヌリンを一緒にとれば、糖質の吸収がゆっくりになるような効果があります。

イヌリンは、体内に吸収されず、そのまま腸へ行き、腸内の水分と混ざり、ゲル状に変化します。
すると、イヌリンが糖を包み込んで、体内への吸収スピードを抑制。
結果、血糖値の上昇が抑えられることが出来ると言われています。

ちなみに、イヌリンの1日の摂取目安は1日約10グラム

イヌリン含有量(100gあたり)
菊芋    14.1g
にんにく  11.9g
ごぼう    6.8g
玉ねぎ    1.0g
にら     0.5g

以上のように、含有量の多さは、菊芋がトップクラス。
イヌリン10グラムをとるためには、
にんにく(約84g)20かけらを食べるより、菊芋(約71g)2つ食べるだけでOKなんです。
価格は、100g約100円が一般的で、とてる経済的です。

POINT2
でんぷん質がほとんどないので、低カロリーです。
菊芋100g食べても、約35kcal、これはジャガイモの半分以下。

そんな健康野菜の王様とも言うべき、菊芋。
まだ一般的な野菜ではありませんね。
市場にあまり出回っていないのは、生産者が少ないからです。

どうやって手に入れるかと言うと、現在は産地直売所や、通販で買うことが出来ます。
ちなみに、私の近所のスーパーでは、普通に販売していますので、意外に簡単に手に入るかもしれません。

では、どうやって菊芋を食べたらいいんでしょうか?

スポンサーリンク

菊芋を食べる方法

生で食べることも出来る

皮付きのまま、薄切りにして食べることが出来ます。
食感はシャリシャリしていて、よく噛んでいると甘さを感じます。
そのまま、スライスしてサラダに入れて食べたり、乾燥させて菊芋チップスとして、ダイエット中のおやつとして大人気だそうです。

糖質制限 菊芋レシピ

知る人ぞ知る健康野菜の菊芋の簡単レシピ。

菊芋のきんぴら

①菊芋を皮付きのまま千切り
②ごま油で軽く炒める
灰汁が出ないので水にさらさなくてもいい
火を通すとより甘味が出てくるようになる。
③塩とめんつゆだけで味付け
仕上げにゴマをひとふりして、出来上がり

菊芋炊き込みご飯

ごはんと一緒に炊いて炊き込みご飯にします。
材料は、  しょうが、塩・昆布、しょうゆ
じっくり火を通すことで、食感が里芋みたいにとろんとした感じになり、甘味がどんどん引き立って行きます。
糖質制限をされて白ご飯の量を抑えている方には、おすすめのご飯です。

菊芋とベーコンのアヒージョ

菊芋の一番おいしい食べ方として紹介されたのがこれ。
オリーブオイルを使った、菊芋とベーコンのアヒージョがおすすめです。
実は、菊芋は油との相性が抜群なんです。
フライドポテトは太るけど、このフライド菊芋は太らないまさに、「夢の揚げ物」
でんぷんも少なく、低カロリーで糖の吸収を抑制します。

スポンサーリンク

健康野菜・菊芋のまとめ

菊芋の最大の特色は、
血糖値を抑える「イヌリン」が豊富
でんぷんが少なく低カロリー
まさに健康野菜の王様。

なかなか市場に出回っていない野菜と言われていますが、私の近所のスーパーでは普通に販売されています。
ですから、そんなに入手しにくい野菜ではなくなってきているはずです。
価格も、100g約100円ととてもリーズナブルな野菜ですから、一度手にしてみてください。

情報元

日本テレビ 朝の情報番組「スッキリ」
スポンサーリンク
おすすめの記事